インベスターZのFX編は何巻から?

FX

漫画のインベスターZって株式投資の話から始まるんですけど、途中でFX勝負編があります。たとえ日本国内の株式投資をするにしても、トヨタの決算を見ても為替の影響はものすごく大きいですから為替について知っておくことは重要です。

10巻からFX対決が始まります。
主人公の財前は為替に関する知識がほとんど無いので、富永という先輩に為替について教えてもらいます。富永は為替に関する世間の「危険」というイメージが広まっていることを踏まえて、財前に質問します。

「世界最大の砂漠ってどこ?」

これに対して普通にサハラ砂漠と答えるわけですが、南極大陸が定義上世界最大の砂漠なんだそうです。

それは知りませんでした。自分で調べてみたところ、NASAの公式サイトにも「Antarctica is a desert.」と書いてあったので本当にそうなんでしょう。

要するに、世間的なイメージにとらわれずに実態を自分で調べろということですね。

そして、富永は「いや…円安は絶対によくない」
「時刻の通貨が安いことにメリットはひとつもない」
とか円高であることはいいことだという主張を展開します。

このような極端な言い方をした理由は、財前に物事を相対的に見ろということを教えるためだったようですが、それでも富永自身は円高擁護論者です。

そして、財前はトレードを始めて初心者がやりがちな間違いを一通りやるわけです。その辺はみんな通る道ですから、これからFXをやる人はインベスターZのfx編を読んで予習しておくと良いと思います。いくら本や漫画でFXの勉強したところで、実際に失敗して学ぶことの方が断然大きいですが。

FX対決の決着は11巻でつくのですが、そんな上手く行かないだろ!ってFXの経験者は思うはずです。それでも、これから為替について勉強しようと思っている人が取っ掛かりとして読むにはいいと思います。

インベスターZ(10)
インベスターZ(10)

スポンサードリンク
スポンサードリンク