Tags:

不動産を相続したくない場合、相続放棄が良いか?

お金

40代が近づいてくると、親のお墓とか相続とかも考えておかないといけません。相続が発生してとにかく困るのが不動産の処理です。特に地方都市は人口が減少していくので、大きな駅の周辺くらいじゃないと土地も売れなくなっていくでしょう。

今の30代や40代なんかは、親が高度成長期に家を買っている場合が多く、実家を相続することになる可能性が高いわけです。「持ち家vs賃貸」とかよりも、「実家をどう処分するか」問題の方がよほど重大だと思っています。

もしも土地と家を相続することになると、その後死ぬまで固定資産税やその他のランニングコストを払い続ける負債となります。その前に、建物があったら解体しなければいけなくなったり、リフォームするにしてもお金がかかります。

リフォームして賃貸収入を得られれば良いですが、まあ期待できません。なぜなら、安い家賃で空き物件なんて沢山出て来るんですから。

スポンサードリンク

兄弟がいて、もしも「不動産に価値がある」と本気で思っている人が率先して相続してくれればラッキーですが、そう上手くもいかないでしょう。現金や株だったら処分するのも簡単ですが、不動産は売りたくても売れない場合が多いです。

金融資産だけ「遺贈」にして、不動産は相続放棄にすればいいのではないか?と思いましたが。

相続放棄をすれば、不動産から逃れられると思っていましたが、どうやらそう簡単にはいかないようです。相続する権利がある人が全員相続放棄した場合、その不動産を管理する人がいなくなりますよね。そうなると「相続財産管理人選任の申立て」という手続きをしなくてはならず、「予納金」というお金が必要になるようです。

今後、相続トラブルは頻発し、相続放棄するケースも多数出てくるでしょうから、これから出てくる具体例を調べておくようにしたいです。あと、親とはお金の話ははっきりとするようにしています。こういう重要な問題を後回しにしていると、あとでトラブルになるわけですから。

スポンサードリンク