プレステ4の本体を買うべき理由とメリット

家電あるあるですが、買うとすぐに新しいバージョンが出て悔しい思いをすることがあります。だから、結局買わずに過ごしてしまうんですが、それはゲーム機本体も一緒です。

どうせまたプレステ5とか出るんだろ~と思ってプレイステーション4の本体を買おうか2年くらい迷ってたんですけど、結果買って良かったです。デメリットももちろんあります。起動にちょっと時間がかかるとか、ずっと遊んでいると冷却ファンの音がうるさくなってくるとか。電源を切るのがちょっと面倒だとか。PCみたいなもんですね。あと、オンラインで遊ぶならネット接続はフレッツ光とかau光に入ってないとキツイです。ゲームのダウンロードにも時間がかかりますし。

買うべき理由としては、

  • これから出るプレイステーションVRが遊べる。
  • SONYのプレイステーションネットワーク(PSN)に登録しておくと、ゲームソフトが激安で購入できる場合がある。
  • テレビでnetflixやhuluやamazon prime videoを見ることができる。
  • 過去に出たPS4の人気ソフトが今なら中古で安く買える。
  • プレイステーションプラスに加入すると無料でゲームをダウンロードできたりする。
  • ゲームをやっていると家にいる時間が長くなるのでお金を使わなくなる。
  • ps4riyu

    例えば、バトルフィールド4とバトルフィールドハードラインのダウンロード版が6月21日まで432円で購入することができます。これは、本編を安く購入してもらって、ダウンロードコンテンツを買ってもらうためだと思いますが、中古で買うよりも安いので全然お得です。バトルフィールド4は中古でも3000円以上しますし。あと、これから出るバトルフィールド1の宣伝の要素もあって安くなっているのでしょう。

    そんなわけで、バトルフィールドハードラインを買ってみました。500円以下なので、買っておいて遊びたい時にダウンロードすればよいわけですし。すぐにダウンロードする必要はありません。バトルフィールド4はちょっと前に新品で4000円くらいで買ったので、ちょっと悔しい。

    また、オンライン対戦を楽しむためには、プレイステーションプラスに加入しないといけないのですが、これに入っていると無料でゲームがダウンロードできます。今だったら「サイコブレイク」が無料です。プレイステーションプラスは月額約500円ですが、そういった特典があるのでけっこうお得な値段だと思います。毎月無料コンテンツが更新されますし。

    だから、プレステ4の本体とネットがあれば、ソフトを購入しないでもPlayStationPlusに入っていればそこそこ遊べます。今時のスマホの本体よりも、プレステ4の方が安いわけですし。スマホゲームしかやっていなかったら、今のゲームの進化に驚きますよ。

    これは上級者向けですが、
    アメリカのPSNアカウントを取ってamazon.comで北米版のダウンロードコードを購入し、日本で輸入の北米版のソフトを買うよりも安価に北米版のゲームを遊ぶことができます。

    あと、こんなこと試した人って他にいるか謎ですが、日本のPSNアカウントにログインした状態で、プレステ4のネットフリックスのアプリでアメリカのnetflixのアカウント情報を入力すると、なぜか日本のネットフリックスのコンテンツを見ることができます。PCではできません。この裏ワザ、ほぼ需要が無いと思いますけど(笑)プレステ4でできることは色々とあるので、PSVRが出る前に買っておくのも良いと思います。

    スポンサーリンク
    レクタングル大




    レクタングル大




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク