PS4のTPSゲームおすすめランキング

ps4
ps4のtpsゲーム

2016年の前半にPS4の本体を買ってから、今まで全然ゲームをやっていなかった分、2016年はけっこうな本数を遊びました。半年で30本くらい買ったと思います。北米版で安くソフトが購入できたというのが大きいです。

PSVRを買う気満々だったのに、予約が全くできずに入手できなかったので、じゃあ今まで発売されたPS4のソフトやっておこうということで色々と買ってみました。

FPS(一人称シューティング)はライトゲーマーにはちょっと難易度が高いし、TPS(三人称シューティング)の方が好みなので、TPSゲームでクリアしたゲームの個人的なランキングです。基本的にエイムが苦手なので、撃ち合いよりもステルス要素が入っているゲームの方が好きです。かといって、撃ち合いが全くないのも嫌だという。

そして、ホラーやゾンビは苦手です。ウォーキングデッド見てますけど。以下のランキングはそんな似た感じの人にはちょっとは参考になるかなとは思います。ゲームに関する詳しい感想記事がある場合には、このブログ内の感想記事のページへリンクしてあります。

ちなみに、ウィッチャー3とフォールアウト4とアサシンズクリード4・ブラックフラッグとラストオブアスはプレイ中でクリアしていません。

1位 ウォッチドッグス2
ウォッチドッグス2   - PS4
ウォッチドッグス2 – PS4
ゲーム性、雰囲気、ストーリー、全てが好みです。最近のゲームって画面全体が暗い物が多いですが、サンフランシスコが舞台なので、明るい雰囲気で良いです。サブカルチャーへの言及やアメリカ社会批評的な舞台設定も好きです。→ウォッチドッグス2の感想記事

2位 GTA5
グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】 (「特典」タイガーシャークマネーカード(「GTAオンライン」マネー$20万)DLCのプロダクトコード 同梱) [PlayStation4] - PS4
グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】 (「特典」タイガーシャークマネーカード(「GTAオンライン」マネー$20万)DLCのプロダクトコード 同梱) [PlayStation4] – PS4
オープンワールドと言えばGTA5ですね。銃撃戦はオートエイムなので、僕のようなFPSが苦手な人でもけっこう簡単にクリアできると思います。一部の車を使ったミッションはかなり苦戦しました。非常に良くできていて、売れ続けるのも分かります。海外ドラマや映画好きにやってもらいたいです。

3位 メタルギアソリッド5ファントムペイン(MGS:TPP)
メタルギアソリッドV ファントムペイン [PS4]
メタルギアソリッドV ファントムペイン [PS4]
他のTPSゲームで遊んでからMGS5を振り返ると、操作性が物凄く良いです。洋ゲーにありがちな「もっさり感」が全然なく、思い通りにスネークを操ることができます。ストーリーが完結していないということで批判されがちですが、中盤まではほぼ完璧の出来じゃないでしょうか。→MGSVの感想記事

4位 プラントvsゾンビ ガーデンウォーフェア1
プラントVS.ゾンビ ガーデンウォーフェア
プラントVS.ゾンビ ガーデンウォーフェア
PS Plusに入っていないと遊べない点がちょっとアレですが、マルチプレイが非常に面白いです。初心者でも全然活躍できます。マルチプレイが怖い!っていう人はまずガーデンウォーフェアで慣らしてみると良いと思います。ただ、ガーデンウォーフェア2が出てから過疎っている感じはあります。→ガーデンウォーフェアの感想記事

5位 トゥームレイダー・ディフィニティブエディション
トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】 - PS4
トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】 – PS4
TPSの撃ち合いを楽しみたいという場合に非常におすすめ。ストーリーは単純でけっこう短いですが、撃ち合いが面白い。マップもバラエティーに富んでいて良かったです。→トゥームレイダーの感想記事

6位 ウォッチドッグス1 コンプリート・エディション
ウォッチドッグス コンプリートエディション 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
ウォッチドッグス コンプリートエディション 【CEROレーティング「Z」】 – PS4
ウォッチドッグス2とはほぼ別物のゲームと思った方が良いでしょう。操作性もけっこう違いますし。ウォッチドッグス1は銃撃戦とカーチェイスを楽しめます。「フォーカス」というスローモーションになる機能があるので、エイムやカーチェイスが苦手でもなんとかなります。→ウォッチドッグス1の感想記事

スポンサードリンク

7位 スリーピングドッグス(北米版)
Sleeping Dogs: Definitive Edition (輸入版:北米)
Sleeping Dogs: Definitive Edition (輸入版:北米)
PS4に日本版はありません。香港が舞台で殴り合いの格闘がメインのGTAという感じで、なかなか面白かったです。序盤は体力も無く、カンフーの技も少なく、あれって思いましたが中盤から面白いです。→スリーピングドッグスの感想記事

8位 プラントvsゾンビ ガーデンウォーフェア2(北米版)
Plants vs Zombies Garden Warfare 2 (輸入版:北米)
Plants vs Zombies Garden Warfare 2 (輸入版:北米)
ガーデンウォーフェア1よりもキャラクターが増えて、マルチプレイも楽しいです。どうしても乱戦になってしまうので、あまり戦術とか関係なくなりがちなので、ガーデンウォーフェア1の方を上にしました。→ガーデンウォーフェア2の感想記事

9位 ジャストコーズ3
ジャストコーズ3 - PS4
ジャストコーズ3 – PS4
もうストーリーとかどうでもよくって、グラップリングフックとウイングスーツで飛びまくり、パラシュートで降下中に強力なロケットランチャーで敵の施設を破壊。ヘリや戦車や戦闘機を乗っ取り敵の基地を破壊。難しいことを考えずに爆破しまくりたいという人におすすめのゲームです。カバーアクションと早く走れるボタンがあればもっと良かったと思うんですけど。

10位 アンチャーテッドコレクション
アンチャーテッド コレクション
アンチャーテッド コレクション
映画のようなゲームと言えばこれ。基本は崖や壁を登って行き、敵との銃撃戦です。1から3までずっと続けてやってしまうと、「同じことの繰り返し感」がすごいので一気にやらずに時間をおいてやった方が良いかも。パズルを解いて、崖を登って秘密の扉を開けて苦労してたどり着いた先に敵が大量に出現するのはあるある。

番外編(FPS) ファークライ4
ユービーアイ・ザ・ベスト ファークライ4 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
ユービーアイ・ザ・ベスト ファークライ4 【CEROレーティング「Z」】 – PS4
FPSですが、スキルの習得や武器の購入などRPG的な要素が強く、敵をマーキング可能なので初心者でもやりやすいと思いました。→ファークライ4の感想記事

基本的に全てのゲーム難易度は「ノーマル」でやってます。まだまだやってないTPSのゲームが沢山あるので、来年もゲームばかりになるかも。

スポンサードリンク