中上級者向け 英語のリスニングに良いポッドキャスト番組

ポッドキャストは無料でダウンロードできる音声のみの番組です。英語力は使わないとどんどん落ちていくので、日々リスニングなどをして維持する必要があるので、無料で聴けるポッドキャストは大変ありがたいです。

そんなポッドキャストの英語のジャンルでも色々あって何を聴いてよいか分からないという人におすすめの番組を2つ紹介します。ただ、TOEIC程度のリスニング問題は簡単すぎるというような中上級者向けなので、英語のリスニングが全然できないという人には全くおすすめできません。

目安としてはハリウッド映画やアメリカのドラマを見て3割くらいは言っていることが聞き取れるというくらいじゃないとキツイと思います。

一つ目は、「バイリンガルニュース」です。爆笑問題の太田さんが見つけてTBSのラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で紹介したことで人気になったポッドキャスト。英語学習者用にゆっくり喋るとか、簡単な単語を使うとかそういった配慮はせずに、単にマミとマイケルが最近のニュースについて喋っているという番組です。

マミは帰国子女でも留学経験も無いけどバイリンガルで日本語と英語をを混ぜて喋り、マイケルは日本語のリスニングはできるみたいですが、ほとんど日本語は喋らずに英語だけです。二人とも上智大学卒っぽいです。海外に住んでなくてあれだけ英語が喋れるのは凄いです。

リベラルな政治思想を全面に押し出してコメントしているので、その点に反感を覚える人もいると思いますが、科学系のニュースに対するマミとマイケルのコメントとかは、地上波のテレビ番組のコメンテーターよりも良いと思います。

マイケルの語彙力が高いのでリスニング難易度としては、かなり高めです。あと、2時間あったりして長いです。素人の番組なのに、ゲストに小島プロダクションのプロデューサーとか出てきてビビリます。

もう一つは「アメリカンホットトピックス(American HOt Topics)」。通称、アメホ。アメリカ人のアーロンは英語、日本人のジュンが日本語で喋るという変わった形式です。アメリカで話題になっていることについて二人で話すので、話題も興味深いです。

「バイリンガルニュース」に比べると、多方面に配慮してる感がちょっとありますが、リスニング難易度は低めです。ジュンの発言が全部日本語ですし、アーロンがわざわざジュンの日本語を英語に言い換えてくれていることが多いので、英語が分からなくても全体の流れは把握しやすくなっています。

ジュンの喋り方は、たとえを多用し、抑揚をつけずに理路整然と話すので、30歳前後のかなり頭が良い方っぽいです。TBSラジオのウィークエンドシャッフルのライムスター宇多丸さんの喋り方に似てるので、ウィークエンドシャッフルの影響を受けているのかな?と思いました。日本の英語学習教材をけなしまくっている回とか好きです。アーロンが多忙で今までと同じ様にできないということで、新番組を企画中みたいです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサードリンク