GTA5の制作会社ロックスターの株を買う方法

その他

世界中で最も売れているゲームの一つと言えばグランド・セフト・オート5(GTAV)です。

累計6500万本以上売れていて、廉価版が出てからもファミ通の週間売上ランキングにずっと入り続けています。発売から3年が経っているのに、海外のゲームが他国ほど人気の出ない日本でいまだに売れ続けているのがすごいです。

GTAVは制作費が250億円くらいかかっている超大作です。ゲームの開発費なんて多くても数十億円だと思いこんでいたので、そんなにお金がかかっていると知ってびっくりです。

たしかに、GTAVは細かい所まで作り込まれているので凄いなとは思いましたが、数百億円レベルだとは思いませんでした。少なく見積もっても5000円×6500万本=3250億円以上は確実に売り上げています。

ロックスター(Rockstar Games)という会社がGTAシリーズを作っていますが、ロックスターの親会社は「Take-Two Interactive」という会社でナスダックに上場しています。ティッカーは「TTWO」です。

英語圏のゲームは、アメリカのドラマと同じく世界中で売れるので、売上もかなり大きくなります。

スポンサードリンク

Take 2 Interactiveのゲームで他に有名なのは、Red Dead Redemption、Bioshock、Boaderlands、XCOM、Civilizaitonなどです。

レッドデッドリデンプションはロックスター製作で、有吉さんがラジオでおぎやはぎの矢作さんにお薦めのゲームとして教えていました。有吉さんは実はゲーマーで、GTAシリーズを買ってはいるものの、クリアしたことは無いようです。矢作さんも昔GTAをやったことがあるそうですが、途中で目的が分からなくなったとのこと。

たしかにオープンワールド系のゲームって途中で何して良いか分からなくなって、車を暴走させてちょっと遊んだら飽きちゃうパターンがありますね。僕もプレステ2でGTA2か3を買ったんですけど、すぐ止めちゃいました。でもPS4のGTA5は面白くてクリアしました。

GTA5がまだまだ売れているし、GTAオンラインのゲーム内通貨を買うためにお金を使ってくれるユーザーがまだいるでしょう。だから、GTA6が出るのは当分先でしょうけれど、出たら絶対売れるのが分かっていますからね。GTA6についての情報が出たら株価が上がるかもしれません。

Take 2 Interactiveの株価は史上最高値圏にあるので、今はちょっと買いにくいですが、楽天証券やマネックス証券で購入することができます。

スポンサードリンク