映画版アイアムアヒーローの感想

その他

ウォーキングデッドとかのゾンビ物って面白いんですけど、ゾンビの対処法は序盤で見つかります。

そのため、法律や世間体の縛りが無い「対人」の戦いがメインになります。だから、ゾンビ自体はそれほど怖くありません。

映画版のアイアムアヒーローはゾンビが怖かったです。ウォーキングデッドの総督(ガバナー)的な人もショッピングモールに出てきますが、基本はやっぱりゾンビが怖いのがいいです。

特に動きが怖いです。下手な人のラジコンみたいな動きで、バタバタ壁や障害物にぶつかったりしながら迫ってくるZQNは恐怖です。人間だった時の記憶がちょっと残っているので、ちょっと喋るし。

アイアムアヒーローの漫画版の序盤のアウトレットモールまでが映画で描かれます。あらすじは、35歳でアシスタント漫画家としてくすぶっている鈴木英雄(大泉洋)が、女子高生の比呂美(有村架純)とゾンビウイルスが不活性化するという噂の富士山に向かうという感じです。その途中でたどり着いたショッピングモールでのゾンビ(通称ZQN)との戦いがクライマックスです。

特に、アイテムとして「ロレックス」の使い方が良かったです。序盤から伏線があります。まず、集英社の編集部で再会した中田コロリ(ラーメンズ片桐仁)がロレックスをしています。一方、全く売れず、編集者からも邪険な対応をされる自分。嫉妬と羨望が入り混じった表情とか上手いと思いました。後々、ロレックスがまた出てきて、しかも笑いを取りに来ます。おお!と思いましたね。

CGも他の邦画と比べるとレベルが高く、全体的に面白かったです。日本人で銃の取扱い方法を知っている人なんてほとんどいないので、猟銃を所持している主人公が輝きます。主人公がBB弾をばらまいてゾンビをコケさせるとか、アメリカ映画では出てこないだろうなという演出もあり良かったです。お好み焼きのソースの入れ物みたいな物の中にある物をばら撒いた時は、一瞬何か分からなかったのですが電動ガンかエアガン用のBB弾入れでした。

【Amazon.co.jp限定】アイアムアヒーロー 豪華版(メーカー特典:劇場公開版B2ポスター)(2Lブロマイド) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】アイアムアヒーロー 豪華版(メーカー特典:劇場公開版B2ポスター)(2Lブロマイド) [Blu-ray]

スポンサードリンク

僕の中では漫画原作で、原作を超えてきたと思ったのは『ライアーゲーム』と『アイアムアヒーロー』くらいです。

スポンサードリンク