TBSラジオクラウドが大不評らしい

ちょっと前の話になりますがTBSラジオのたまむすびを聴いていたら、「竹山、ガム買ってきて!」というコーナーで今まで配信していたTBSのポッドキャストを停止して、TBSラジオクラウドに変わった経緯を紹介していました。

今までは、ポッドキャストだったので、ダウンロードしてipod touchでたまに聴いていました。番組によっては、本放送が終わった後にポドキャスト用に収録したものもありました。おぎやはぎのメガネびいきとか、バナナマンのバナナムーンゴールドとかよく聴いてました。

でも、TBSラジオクラウドになったことで、そうしたおまけみたいな物がなくなり、ログインしてネット接続していないと聴くことができなくなりました。電車や新幹線などの移動中や散歩中に、ダウンロードしておいて聴けるポドキャストは便利でした。

なぜポッドキャストを止めてしまったのかというと、ポッドキャストのコストが年間数千万円かかるということみたいです。ポッドキャストだと広告による収益化が難しいからということですね。

直近では月間5000万ダウンロードされていて、サーバーの通信料がかなりのコストになっているそうです。無料で提供するのはなかなか難しいですね。広告を入れるということもやってみたけれど、ポドキャストというメディア自体が広告には向いていなかったようです。かといって、TBSラジオが公式でyoutubeにアップするというのは、大人の事情でできないのでしょう。

TBSラジオクラウドの場合、サイトにアクセスする必要があるので、そこに広告が表示されて今までよりはお金になるのだと思います。ポドキャストを無料で提供するということ自体が当たり前になってしまったので、TBSラジオクラウドが不便だと思ってしまうのは当然です。僕もダウンロードできるポドキャストの方が良かったです。でも、無料で提供してくれているので応援はします。

ただ、メリットもあって各番組のコーナーごとに小分けされているので、好きなコーナーだけをピンポイントで聴きたいという場合にはTBSラジオクラウドの方が便利です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサードリンク