ビットコイン売却益の確定申告 税金はどうなる?

新しく登場して、法律や課税ルールが追いついていないような仮想通貨の売却益って困りますよね。少額ですが、僕もビットフライヤーで購入していたビットコインが2倍以上になりました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインを売った場合の売却益に対する課税に関しては、大きく分けて「譲渡所得」と見るか「雑所得」と見るかになります。

たとえば、金地金を購入して長期間保有してから売った場合には50万円の控除がある「譲渡所得」になる可能性がありますが、ビットコインなどの仮想通貨に当てはめるのは難しいと思います。

金でも短期売買をしていると、譲渡所得とみなされなくなってしまいますから、ビットコインの場合には特に「雑所得」とみなされる可能性が高いです。

僕はまだビットコインを売却していないので、今年の確定申告ではビットコインに関して考慮しなくて良いのですが、もし確定申告するとしたら「雑所得」として申告するでしょう。税金で迷ったら、高めに支払う方を選択しておいた方が無難ですから。

雑所得だと税金的に不利なので、分離課税制度で税金のルールがしっかり定まっている株やFXや先物の方がまだ安心して投資できます。ビットコインに関しては、短期売買をするつもりはなく、下がってきたらちょっとずつ買い増しして長期投資する方針でいます。

税金に関しては税務署に聞けば教えてもらえますから、ネット上の情報を信じるよりも、自分で質問した方が安心です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク