JPモルガンCEOとジョン・マカフィーのビットコインの見解

JPモルガンのCEOのダイモンさんが、ビットコインは詐欺(fraud)だと言ってビットコインが急落しました。CNBCのサイトにインタビュー動画が載っています。

ブロックチェーンの技術自体はサポートするが、無から有を生み出しどんどん類似の物が出て来る暗号通貨は詐欺的だというような感じです。ビットコイン自体というよりも暗号通貨全体を詐欺的だと言っています。各国の政府は規制をするだろうと。オランダのチューリップ・バブルよりも酷いと。

最終的には破裂する(eventually blow up)と言ってます。

ちなみに、ダイモン氏の娘さんがビットコインを買っていて、買ったら上がって喜んでいたみたいです。

これに対して、アンチウイルスソフトで有名なマカフィー創業者のジョン・マカフィーが反論しています。ビットコインのマイニング事業をしているようです。

1ビットコインを採掘するのに1000ドルかかる。1米ドルを生み出すのにいくらかかるのか?どちらが詐欺か?

というようなことを言っています。そして、Twitterでは2017年7月にビットコインが3年以内に$500000(約5000万円)にならなかったら、テレビに映った状態で自分の○○○を食べるとツイートしてます。ジョン・マカフィーは今71歳なので、予言を外しても特に気にしないんじゃないでしょうか。

一方日本では、ひふみ投信で有名なレオスの藤野さんが東洋経済オンラインの記事

それはさておき、仮想通貨が定着するかどうかという点ですが、たとえばアマゾンがビットコインを「買収」して、アマゾン経済圏の中にビットコインを取り込んでしまえば、広がる可能性はあると思います。

と言っています。これにはかなりびっくりです。ビットコインを全く理解していないのか、僕より遥か上のレベルすぎて僕が理解できないことを言っているのどちらかです。

CNBCの人気記事はほぼ全部ビットコインについてなので、アメリカでもビットコインの注目度はとても高いようです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク