経験者ほど株やビットコインの上昇相場に乗れない

僕がビットコインを売って利益確定して出金した後にbitflyerに残った金額が12円だったんです。今確認すると、ビットコインキャッシュも合わせて170円になってます。

14倍!

いつか忘れましたがずっと前にcoinbaseというアメリカのビットコイン取引所でアカウントを作りました。その時、プレゼントで4円分くらいのビットコインをもらいました。今100円くらいになってます。

25倍!

だいたい、1BTC3万円くらいの時にビットコインの売買を始めたので、その時の価格がベースになってしまっているんですね。心理学的にはアンカリング効果というやつです。昔からの相場用語で言うと「安値覚え」です。1ビットコイン=3万円が心理的なアンカー(錨)となってしまっています。だから、1BTC20万円でも高すぎ!と思ってしまいます。100万円台なんて高くて買えません。

逆に、投資経験も何もなく、ビットコインから入った人はどんな価格でもそれほど躊躇なく買えたと思います。僕が最初に株を始めた時も過去の値段とか全く考慮しませんでした。

株も同様に、経験が長い人ほど日経平均2万円台は売りだと思って、空売りしていた人が多いはずです。だから、日経平均が高値更新しても儲かっている個人投資家は世間一般のイメージほど多くないようです。逆に初心者ほど、どんどん買えたでしょう。上昇しているうちは、リスクを考えずに飛び乗れる人が儲かります。

ビットコインなどの仮想通貨はファンダメンタルズ分析ができないので、下限と上限が分かりません。リスク管理ができないため、売りでも買いでも入りづらいですね。まだまだ上がる可能性もありますし、限りなくゼロに近づく可能性もあります。

こんなことを書いているうちにも、ビットコインの価格はどんどん上がっていってしまうのかもしれません。

ただ、相場格言やことわざにあるように「一寸先は闇」です。初心者ほどリスク管理が甘くなりがちです。経験者は儲からなくてもリスク管理はできて生き残れる確率は高いです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク