元お笑い芸人が書いたミステリー「神様の裏の顔」の感想

文庫で平積みになっていて、面白そうなので買ってみたのが『神様の裏の顔』です。元お笑い芸人が書いた横溝正史ミステリ大賞受賞のミステリーということでちょっと興味が出ました。

タイトルとあらすじから、聖人みたいに思われていた人が実はひどい人だということが段々分かっていくんだろうなと思いますよね。そこで終わってしまったら、そのまんますぎるのでもうひと捻りくらいあるだろうと思って読むことになります。

故人の葬式に集まった数人が、過去の事実を突き合わせていくことで、故人の裏の顔が浮かび上がってくるという構成です。

故人の所有するアパートに入居しているお笑い芸人が探偵役となります。その中でコントの設定などが出てくるのですが、それはこの著者の藤崎翔さんが「セーフティ番頭」として実際にやっていたネタっぽいです。

それぞれのキャラクターの一人称の回想がまとまって、事件の全貌が見えてくると言う感じなので、折原一さんの小説に似ています。

事実がどうとか関係なく、その場の雰囲気で事実っぽいことが決まっていってしまうという流れはけっこう怖いです。途中で「盗聴」と「登頂」を勘違いして話が進んでいくアンジャッシュのコントっぽいくだりもあったりして、全体的にコミカルな感じですが、ちゃんとミステリーになってます。

最後のオチは蛇足感もありますが、複数の人間が事実を確認することで徐々に全体像が見えてくる過程が面白い小説です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク