老後マネー戦略家族!の感想

松村美香さんの『老後マネー戦略家族!』という本は、タイトルが気になったので購入しました。

周りにギャンブル的なFXをやっている人は何人かいますが、長期的に資産運用を考えて本多静六とか林輝太郎の本を読んでいる人なんていませんし、イデコをやってる人も数人しか知りません。だから、周りにお金の話をできる人なんてほとんどいませんから、こういうお金の本っていうのは気になって読んでしまいます。

タイトルからすると、老後資金が足りない家族が、謎のFPから節約とお金の管理を指南され、確定拠出年金(イデコ)の知識を得てドルコスト平均法で積み立てていくという情報小説っぽいですよね。僕はてっきり確定拠出年金を小説仕立てで紹介する小説だと思って読み始めたんですけど、全然違いました。

この本は「リスクを取って一歩踏み出そう」というメッセージを込めた青春小説みたいなものです。投資というよりは起業の方にウェイトがあります。出て来るのは、定年退職した夫と専業主婦だったけどパートで働き出すことになった妻。新卒で入った会社をすぐにやめて引きこもってデイトレードをしている息子、そして小説家になりたいと密かに思っていた大学生の娘。夫婦に関しては青春って感じではありませんが、お金について考えることで新たな価値観に気づくという所が青春小説っぽいです。

壊れた家族というわけではありませんが、今までお金や投資について考えてこなかった家族がそれぞれ新しい出会いを通して、将来に対して前向きに進んでいくという感じです。

注意したいのは、『老後マネー戦略家族!』は資産運用方法を物語を通して学べる小説ではなく、家族のメンバーそれぞれが「自分に向いた生き方を見つける」小説です。NISA口座、太陽光発電、ドルコスト平均法、合同会社を作るとか、ちょっとした「財テク」の知識は出てきます。タイトルからすると資産運用に興味がある人向けっぽいですが、むしろこれから起業をしてみようと思っている人が読むと良いです。読みやすく、ファミリードラマとして面白いと思います。
老後マネー戦略家族! (中公文庫)
老後マネー戦略家族! (中公文庫)

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク