賢い芸人が焼き肉屋を始める理由 投資嫌いのための「和風」資産形成入門の感想

お笑い芸人がなぜ焼肉屋を始めるのか?という一つの質問をフックにするという、新書のあるあるパターンでその答えは「リスクヘッジのため」と最初の方で簡潔に回答されます。そして、サラリーマンも安泰ではないし、インフレになるので投資をしようということが書いてあります。

この本を今更読もうと思ったのは、昨日「水曜日のダウンタウン」で「売れてなくても芸人の彼女はカワイイ説」を見たからというのもあるかもしれません。お笑い芸人自体のルックスや年齢に関わらず、たしかに全員かわいかったのです。売れない芸人がこれから売れるのって絶望的な確率の低さですから、ボロ株投資をするようなものなのか?売れない男を養うことで充実感を得ているのか分かりません。ただ、金持ちに群がる美女よりも、売れない芸人の彼女の方が圧倒的に好感度は高いですね。

一発当てても将来が不安なお笑い芸人ですが、なぜ焼肉屋を始めるかってそれはもちろんリスクヘッジのためです。この本に内山くんが介護サービスの会社を経営しているって書いてあったので調べたら、もうやってないみたいです。小倉優子さんの焼肉屋さんも今は閉店してるみたいですし、芸能人の知名度を使っても飲食店などの事業を継続させるのはかなり難しいですね。そもそも名義貸しだけで、本人が経営していないというケースも多いみたいですが。

ちなみに、水曜日のダウンタウンの「みんなの説」でよく出てくるたむけんさんは、焼肉屋以外にも、カレーパン屋さんをやってますね。カレー屋さんは閉店したみたいです。

それはともかく『賢い芸人が焼き肉屋を始める理由 投資嫌いのための「和風」資産形成入門』は、お笑い芸人に関する記述は数ページで、後は無理なく積み立て投資をしようっていう話です。投資を既にやっている人にとっては当たり前の話なので、全く投資などやったことが無いという人が読んだ方が良い本です。

僕が一番参考になったのは、「投資」という言葉を細かく分けると英語には4種類あって

speculation(投機)
trading(短期売買)
investment (長期投資)
asset allocation(資産配分)

があるんだということです。この本で薦めているのは、コストの低い投信でアセットアロケーション(資産配分)を考えようってことです。投資をやったことが無い人にも読んでもらうために、芸人の副業をタイトルに持ってきたわけですね。「和風」というのは幕の内弁当の様に分散投資しましょうってことです。

なんだかんだ言っても、売れない芸人でもかわいい奥さんがいて夢に向かっている方が、投資で上手くいってお金があるよりも幸せかもしれません。若い内はそれでも幸せだと思いますが、老後にお金が無いのは悲惨です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク