軍用地投資の本を出版して沖縄防衛局職員が懲戒処分に

『お金持ちはこっそり始めている 本当は教えたくない! 「軍用地投資」入門』という本を読みました。僕は不動産投資には懐疑的なのでやる気はないんですが、10年後くらいに中古マンションか中古の戸建てでも買おうかなと思っているのでその時のために不動産の知識を増やそうと不動産の本のコーナーを見てました。

そして目に入ったのが「軍用地投資」入門という単語。なんだこれ!と思って手にとったら非常に興味深いことが書いてありました。軍用地を購入し、米軍に貸すと年利2~3%の利回りになるそうです。不動産投資に関する本はマンション系しか読んでなかったので、軍用地投資なんて初めて知りました。

でも、こんな本出したら軍用地の買い手が増えてなかなか買えなくなるんじゃないの?もしくは利回りが下がるんじゃないの?と思いました。

ペンネームの「里中一人」ってなんか聞いたことあるなと思って、思い出したのが山中一人さんという専業投資家のブロガーです。山中一人さんのブログの更新待ってるんですが全然更新されません。どちらが最初にそのハンドルネームにしたのか分かりませんが。

後で検索したら、著者が防衛省から懲戒処分を受けてる!

 防衛省沖縄防衛局の40代の男性職員が今年4月、在沖縄米軍の基地内の土地(軍用地)への投資を指南する単行本を、同省に無許可で出版していた。職員自身も米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の軍用地を購入し、日本政府から年間60万円以上の借地料(軍用地料)を得ていた。職務で知った情報を参考にした可能性もあ

資産運用としては軍用地投資はデメリットが少なくかなり魅力的だと思いました。著者が懲戒処分になり出版差止めという噂がありますが、出版元のすばる舎によると「一部報道で当該書籍の回収等についての言及がありますが、出版元として当該書籍の回収、出荷停止などは現段階では考えておりませんので、誤解のないようお願い申し上げます。」とのことです。

でも、アマゾンでは値上がりしています。うちの近所の本屋には普通に売ってました。

お金持ちはこっそり始めている 本当は教えたくない! 「軍用地投資」入門
お金持ちはこっそり始めている 本当は教えたくない! 「軍用地投資」入門

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク