ハーバード医学教授が教える 健康の正解の感想

ハーバード医学教授が教える 健康の正解(ダイヤモンド社)は、統計的にこれが健康に良いだろうという5つの健康に良い物(ザ・ビッグファイブ)を紹介するという、明解な本です。あまりにシンプルすぎて、本を読まなくていいだろうというくらいシンプルです。

テレビからネットまで膨大な「健康情報」があふれているなか、いったい何を信じればいい? ハーバードメディカルスクールの教授であり医師としても活躍する著者が、無数の情報の中から信頼できる研究を分析し、「少なくともこれだけは間違いなく『いい』と断言できる」といえる食物・習慣を抽出した。それをまとめたのが『ハーバード医学教授が...

ダイヤモンドオンラインで『決定的なエビデンスのある「本当に体にいいこと」』というタイトルの記事でネタバレしてるので、書いても良いでしょう。もっと適量とかなぜそうなのか?とか知りたい方は『ハーバード医学教授が教える 健康の正解』を購入して読んでみると良いでしょう。

エビデンスのある健康に良い5つは

コーヒー、ビタミンD、運動、ナッツ、瞑想

です。

「エビデンス教」である「メンタリストDaiGoの心理分析してみた」を見てる人や、パレオさんのブログを読んでる人は大体既にやってるんじゃないでしょうか。僕はこのうち瞑想以外は毎日やってます。コーヒーは1日2~3杯飲み、ビタミンDは1日2000~4000IUをこのサプリメントで、運動は散歩を8000歩くらい、ナッツは1日にアーモンド30粒くらい、クルミを10粒(クルミの単位が分からない)くらい食べてます。

ビタミンDは過剰摂取の害がよく言われてますが、この本にも書いてあるようによほど大量(1日1万IU以上)とか摂取しなければほぼ問題無いようです。

瞑想はやった方が良いのは分かってるんですが、面倒臭いのでやってないんですよね。でも、歩きながらやる瞑想というのもあるので、僕はそっちの方があってる気がします。じっとして瞑想するとかすごく苦手です。

ちなみに、地中海ダイエットやパレオダイエットについての評価が載ってました。地中海ダイエットはオリーブオイルと魚の摂りすぎが心配、パレオダイエットは穀物と乳製品を摂取しないのが疑問、とのことです。

旧石器時代の人間は穀物やら色々と食べていたということですが、パレオダイエットをそんな原理主義的な理由(旧石器時代の食事が聖典!みたいな感じ)でやってる人ってあんまりいないと思いますし。

オリーブオイルは飽和脂肪酸が含まれるから摂りすぎない方が良いと書いてあるんですが、そんなに気にしなくてもいいだろうと思いますが。魚は水銀が心配ということなので、生物濃縮の度合いが低いイワシとかサバとか小さな魚を食べればよいと思います。

地中海式ダイエットはコストがかかると書かれていました。パレオダイエットも地中海式ダイエットもお金がけっこうかかるのは確かにデメリットではあります。ナッツだけでもけっこう高いですからね。パレオダイエットを始めてから、以前より体調は良いです。

ハーバード医学教授が教える 健康の正解
ハーバード医学教授が教える 健康の正解

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク