仕事に使える動画術レビュー こんな人向けの本

youtuberになろうとか、仕事で動画でマーケティングをやろうと思って、Amazonで動画関連の本を検索すると、まずこの『仕事に使える動画術 成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法』が出てくることが多いでしょう。

ちなみに、僕はAdobe Creative Cloudを使っているため、Adobe Premier Pro CCやAfterEffectsを使用することができます。そこで、ちょっと動画編集をやってみようかなと思ったので、動画関連の本をいくつか購入しました。特に知りたかったのはAdobe Premier Pro CCでの動画編集方法です。

『仕事に使える動画術』は広く浅く、企画から動画を出した後までカバー

『仕事に使える動画術』では、企業なら動画をこう使う、地方自治体ならこう使う、学生イベントならこう使う、個人事業主ならこう使うというような、個別の動画の使い方をまず紹介しています。

それから、動画を企画する際にどういう点に気をつけるか?ということを紹介しています。個人的には、この辺が『仕事で使える動画術』で一番重要な部分かなと思いました。

そして、動画撮影の仕方、編集、アップロードまでの基本は一通り触れられています。

『仕事に使える動画術』は個別の動画編集ソフトの使い方を知りたい人向きではない

動画編集に関しては、一般的なことが書かれているだけです。いらない部分を編集でカットするとか、テロップは縁取りしたり影を付けたりして見やすくするとか、そいうい一般的なことが紹介されています。

個人的に参考になったのは、「隣り合うカット同士はサイズが違っていた方が良い」ということです。たとえば、椅子に座って食事が運ばれてくるのを待っている人のカットの次は、上半身のアップの食べてるシーンにした方が良いとか。ずっと同じサイズのカットだと違和感があるということですね。

こういうのを気にしながらテレビ番組を見てると、やっぱり一般的なyoutuberの動画よりはカット割りとかテロップとかちゃんと考えて作ってるんだな~と思います。

Windowsムービーメーカー、iMovie MacOS版の使い方は軽く触れられている

具体的な動画編集ソフトの使い方としては、それぞれ4ページくらい載っているだけなので、あまり期待しない方が良いです。Final Cut ProやPremierProやAfterEffectsに関しては、そんなプロ用の動画編集ソフトもありますみたいに紹介されているだけです。

『仕事に使える動画術』は動画作成の流れの基本と全体像を知るには良い本

結局、『仕事に使える動画術』は、仕事で動画作成を任されたけれど何していいか全く分からない!youtuberになりたいけれど手がかりが全く無い!という人が1冊目に読む本としてはとても良いでしょう。一通り、自分がやることの流れが分かりますからね。

でも、ある程度動画制作の流れが分かっていて、Adobe Premier Pro CCやFinal Cut Proなどの具体的な使い方が知りたいという人は読まなくても良い本です。ただ、動画作成の技術的な点というよりも、どういう点に気をつけて動画の企画を立てるか?というのは非常に重要な点だと思いますので、その辺りは動画を作る前に読んでおいて良かったかなと思います。

仕事に使える動画術 成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法


仕事に使える動画術 成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク