多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。の感想

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』という本のkindle版を購入しました。

特に考えすぎる内向的な人間は、頭の中で嫌いな人間のことをずっと考えてしまったりします。僕も、あいつの発言や行動のここがおかしいとかずっと考えてしまうわけですが、それって単に自分がダメージを受け続けるだけです。

こちらがどれだけ頭の中でシャドーボクシングのようなことをしたところで、その相手は「今ごろパフェとか食ってる」わけで、馬鹿らしくなって考えるのやめようというきっかけにはなりやすいと思います。それでも、考え続けてしまう人も多いとは思いますが。

アレンジとしては、

「今頃そいつ、タピオカミルクティーの最後の方、ストローで取れなくなって格闘してるよ」

とかでもいいわけですよね。

他にもいくつか思考パターンを変えられるようなヒントが載ってますが、この本はほとんどタイトルが全てなので、タイトルでピンと来ない場合には買わなくても良いかもしれません。本を読み慣れている人だったら、10分くらいで読み終わってしまうのではないでしょうか。

でも、難しい心理学の本を読むよりも「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」というフレーズの方が全然役に立ちました。僕にとってはタイトルだけでも1000円以上の価値はありました。

あとは、『ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニック』という書いてあった、苦手な人物と会うときは「心の中でその人物にハゲヅラをかぶせる」というテクニックはかなり使えると思います。個人的なアレンジとしては、志村けんの「変なおじさん」、もしくはコウメ太夫メイクにするというのをやっています。変なおじさんがなんか言ってる~!という感じになるので、割と楽になります。

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク