基本、働きたくないけど、しょぼい起業で生きていく…かも

そろそろゲームするのも飽きてきたし、何か新しいこと始めようと思って、えらてんさんの『しょぼい起業で生きていく』を今更読みました。

嫌々サラリーマンをやってて死にたいとか思ってるなら、しょぼい起業でもやってみなよっていう本です。僕はTwitterはリアルタイム検索での情報収集でしか使っておらず、えらてんさんはyoutubeの色んな宗教の人にインタビューするみたいな動画で知りました。でも、本は読んでませんでした。


「しょぼい起業」というのは、たとえば店舗を借りてそこに住む。そこでリサイクルショップ的な謎の店を始めると、謎の仕事が入ってきたりして、謎の収入が上がって生きていける。という謎理論です。

「エビデンス」重視の昨今、この謎の考え方はいいですね。
栄養学とか医学でのエビデンスは重要だと思うんですが、投資における「エビデンス」に「カーブフィッティング」を行っている場合が多くて…それはまた別の話。


商売で家賃以外の固定費がかからなければ、売上が無くてもどうせ自分が住むための家賃は払うことになるわけだから、店舗に住んでいれば負けはなし。売れればラッキーみたいな感じでしょぼい店を始めちゃえばどう?というような感じです。この考え方は僕の投資の考え方に似ていて好きです。


普通に生きていると、学校を出て働くというのが当たり前になっていて、それに疑問を抱くのは社会不適合者です。僕も小学生の頃から、なんで働かないと行けないのか?とか、そもそもなんで生きないといけないのか?(自殺してはいけないのか?)というのが疑問でした。

もう、こういうことを普段から考えいてる時点で社会不適合者決定なんですが、そういう人ってサラリーマンには全く向いていません。公務員も結局、人間関係が大変そうですし。


集団生活に向いてない人、人とのコミュニケーションに向いてない人って沢山いるでしょう。そういう人たちのための生き方の選択肢を増やしてくれる本です。


僕は人に会うのが面倒臭いというのがあるので、やっぱりできれば人に会わずに何かやりたいというのはあります。しょぼい起業の本の中で紹介されている「しょぼい起業」というのはバーとか喫茶店とかリサイクルショップとか人と会う仕事です。これって人とのコミュニケーションが要求されるのでけっこうハードル高いと思います。

でも、人生の選択肢を提示するという点で有用な本だと思います。

しょぼい起業で生きていく
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク