老後に5000万円が残るお金の話の感想

神樹兵輔さんの老後に5000万円が残るお金の話「人生の3大無駄遣い」をやめるだけ!という本を読みました。著者に関する予備知識はゼロです。基本的にほとんど僕の考え方もこの本と同じです。

三大無駄遣いというのは、マイホームと生命保険と教育費です。あとはマイカーとか。

こういった物って、「周りのみんなが持ってるから自分も欲しい!」「周りのみんなが持ってるから自分も入らないといけないのかも?」というように、本当に必要かどうかは真剣に考えずに、流されてやっていることが多いです。

僕はひねくれているので、周りのみんながやっているとやりたくなくなるタイプで、学生の頃からタバコを一切吸ったことがありません。中学とかで周りの男子がタバコを吸っているのを見ても、「逆にかっこ悪い」と思っていました。結果、後から調べたら吸わない方が全然健康に良いので良かったんですけど。

突き詰めていく「大学に行く」とか「就職する」とかもそうなんですが、周りに流されることで不幸になっている場合ってかなり多いと思います。もはや給料がずっともらえるのか分からない時代ですし。

マイホームは買った瞬間に資産価値が下がる上に、これから少子高齢化で空き家空室が増えるわけですから、お金を貯めておけば後で激安で買えるでしょう。

生命保険や医療保険は、掛け金に対してリターンが少ないのでほとんどの場合必要ありません。健康保険で十分です。

教育費に関しては、結婚する予定が無いので考えたことがありません。自分の子供がまともに育つ気がしないので、そもそも子供が欲しくありません。

車は事故って人を殺したら嫌ですし、お金がかかるので所有する気が全くありません。北海道みたいな広い道で走れるなら買うかもしれませんが。

結果、この本で薦めているような行動を取ってきました。

資産運用で参考になったのは、アメリカのゼロクーポン債を買うということです。今までゼロクーポン債については、考慮してなかったので選択肢の一つとして付け加えます。あとは、副業を家族で色々やるとかそういった細かいことも書いてあります。
老後に5000万円が残るお金の話 - 「人生の3大無駄遣い」をやめるだけ! -
老後に5000万円が残るお金の話 – 「人生の3大無駄遣い」をやめるだけ! –

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク