ビットコイン暴落中、日足でチャート分析

2018年に入ってビットコインが下落していますね。ワイドショーなどのテレビ番組でもビットコインの話の中で「靴磨き少年の話」をよく聞きます。投資に縁がない人が投資を始めたらバブルの絶頂あたりだという事なんですが、そうなるかもしれないしそうならないかもしれない。

ビットフライヤーのBTCJPYチャートの一目均衡表の日足だと、三役逆転しています。ちょっと前の暴落からの戻りは、ちょうど一目均衡表の雲の下限で跳ね返されています。

雲を下抜けしていますし、バブルが崩壊したか、長い間の調整に入ったのかもしれません。でも、ビットコインバブルが崩壊したかどうかって5年くらい経ってからチャートを見ないと分からないはずです。また数年後に高値更新する可能性もありますし、決めつけてレバレッジ取引すると退場に近づきます。

僕は現在5万円ずつ3つの仮想通貨(暗号通貨)に合計15万円入れてます。でも、ビットフライヤーからビットコインを送付して海外の取引所を使っているので、今いくらか見てません。指値をいくつか入れて放置中です。多分、ビットコインにつられて暴落してると思いますが、投機だと思ってやっているので、15万円は自分の資産を記録しているエクセルから削除してあります。

海外の取引所を使うと、Telegramを読んだり、メールで英語でやりとりしたりしないといけないので、英語の勉強になります。お金がかかっていると人間は必死になりますからね。英語の勉強も兼ねて失っても良い1万円から5万円くらいで海外の取引所で草コイン投資でもやってみるのは良いと思います。バブルに乗って損するというのも良い経験になりますから。ただし、生活費などを突っ込まないように。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク