コインチェックのハッキングは他人事ではない

コインチェックから約580億円相当のNEM(XEM)がハッキングにより盗まれたという事件があり、仮想通貨を触っている人の間ではとても話題になっていました。

マウントゴックスの時はそれほど世間的にも認知されていませんでしたが、コインチェックは金融庁に未登録の状態でTVCMを打ちまくっていたので、今回は被害者が多くなっています。

コインチェックの東証(上場してないのに東証)での会見をちょっと見ましたが利用者がコインチェックに預けたお金がどうなるかは「検討中」で、コインチェック利用者は不安でしょう。

仮想通貨を触っている以上、コインチェック事件は他人事ではありません。海外の取引所も「ハッキング」の被害にあう可能性も高く、そもそも取引所運営やICOが壮大な詐欺である可能性もあります。

何か悪材料が出た時にアクセスが集中し、売りたくても売れないということになる可能性は非常に高いです。昨日のコインチェックでネムが盗まれたのではないか?という情報が出た後、ビットフライヤーもアクセス集中でログインできなくなりました。この場合、買いたくても買えませんし、売りたくても売れません。

草コインで多額の含み益が出ても、流動性が低いため自分の売りで値が下がってしまうということはよくあります。取引所にログインできない、注文が通らない、買い手がいなくて売れないというような事がバブルの最後に起こるのではないかと思います。含み益は幻で、税金を収めるまでが仮想通貨投資だと思っていた方が良いでしょう。

そんなわけで、1つの取引所/販売所に入れるお金は5万円くらいにしています。

ちなみに、国内のFXは全額信託保全されていますし、毎週土曜日にサーバーのメンテナンスをやっている会社が多いです。仮想通貨業界の動きを見ていると、FXが物凄く健全な物に見えます。金融庁はFXのレバレッジ規制をする前に、仮想通貨を何とかした方が良いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク