SBI証券のイデコ運営管理手数料が完全無料化

とっくの昔に口座残高が50万円以上になって、毎月の運営管理手数料の324円が無料になっていた人には全く関係ないことですが、これからイデコを始める人にとっては朗報です。SBI証券で口座残高が50万円未満だった人にかかっていた毎月324円の手数料がゼロになります。加入時の手数料1080円も無料になりますし。

現在SBI証券以外でイデコを運用している人がSBI証券に移管する時の手数料も無料化されるようです。

SBI証券でイデコを始めると、口座残高の額に限らず運営管理手数料324円ゼロ円になります。ただ、国基連手数料103円と事務委託手数料64円の合計167円はどこの証券会社で運用しようが毎月かかることになります。

僕はまだイデコという名前じゃなかった時からSBI証券で確定拠出年金を始めましたが、この毎月324円の手数料を早く無くすために50万円になるまでは毎月6万円を拠出していました。当時はたまたま円高株安だったので、その時にドルコスト平均法で安値で仕込めたのはラッキーでした。

でも、もう誰でもその手数料が無料になるので、急いで拠出する必要もなくなりました。イデコは数十年単位で運用するものですから、毎月かかる手数料はなるべく少ない方が良いです。毎月300円の手数料だとしても、1年で3600円、20年で72000円ですから。

ドルコスト平均法って結局、いつ初めていつ売却するかっていうタイミングで大きく運用結果が変わってしまう運ゲーなんですよね。人間の裁量を入れずに機会的に買い付けるという点が、自分で売買するよりマシだということです。とりあえず、手数料が減れば、その分は確実に得するので、手数料は少ない方が良いです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク