2017年8月中旬イデコ運用状況

トランプ政権から人がどんどん離れています。バージニア州での事件への対応に対して非難殺到、そしてバノン解任のニュースでなぜかドル円やダウが一時的に急上昇しました。バノン解任でドル高株高って理由がよく分かりません。日経平均は2万円を割れていますから、ひふみ投信も下がってますね。ひふみ年金は最高プラス13%くらいまで上がってましたが、今はプラス10%くらいになってます。

下がってきたらアメリカ株買いたいなと。最近、テレビCMでたまにワンタップバイを見かけます。あれ、初心者向けのサービスとしては良いと思うんですけど、初心者向けなので手数料が高いんですよね。

イデコの運用成績はこのところずっとほとんど変動がありません。長いレンジ相場が続くと、その後は上か下かどちらかに一気に動くことになります。僕の場合は、上に行ったら何もしない、下に行ったら買い増しすると決めています。バノン解任でドル高の例からも分かるように、よく分からない理由で大きく動くことがあります。しかもほとんどは予想と逆に行きます。

だから、投資をする際には値動きを予測するのは意味が無くて、上に動いた場合にはこうする、下に動いた場合にはこうするというように、値幅の大きさとシナリオごとに対処法をあらかじめ作っておくのが正しいと思っています。イデコの場合にはほとんどの人がドルコスト平均法で放置でしょうから、ドルコスト平均法で行くと決めていて何もしないのであればそれはそれで良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク