2017年10月中旬のイデコ運用状況

解散総選挙は与党圧勝で、材料出尽くしにはならずに日経平均は上昇し、史上最長の日経平均15連騰です。バブルの時よりも連騰が続くってすごいですね。

ある程度経験を積んだ個人投資家は18000から21000くらいのボックス相場になるだろうと思ってダブルインバースETFを買ったり、先物を売ったりしていると思います。僕もそんな感じになるだろうと思って、だいぶ前にひふみ年金を売って利益確定した後のこの連騰ですから、売らなきゃ良かったと思いました。でも、それほど後悔はしていません。なぜなら、売ったら上がる買ったら下がるなんて、そんなことはザラに起こるからです。もう当たり前のように逆行するので慣れています。

それに、相場がいつ反転するかなんて分かりません。いつかは分かりませんが、そのうち買いっぱなしの人が後悔する相場が来るはずです。それは数ヶ月後かもしれませんし、数年後かもしれませんし、そんな暴落は来ないかもしれません分かりません。どうなるか分からないのでこまめに利益確定をしています。

ただ、個別株は株主優待や配当がもらえるので、売らずに長期保有しています。

イデコのポジションはDCニッセイ外国株式インデックスのみで、積み立て始めたばかりなので、上がっても下がっても数百円程度の差になります。全く面白みの無いポジションとなっています。イデコの口座は日経平均が18000円台くらいまで下がったら買い増ししたいのに、全くそこまで落ちないので買えていません。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク