米国債をSBI証券のイデコのポートフォリオに入れる

今のところ、イデコの現金保有比率が95%なので資金効率が悪すぎます。そのため株を積極的に買いに行き、債権も同額買って資金効率を高めようかなと思いました。


2018年2月22日現在のイデコポートフォリオ

米国債(10年債)の利回りが3%に近づいてきました。債券利回りと債券価格は逆に動くので、アメリカ国債の利回りが上昇すると、アメリカの国債価格は下落します。一般的に株と国債は逆に動くため、イデコで株式(ifree NYダウインデックス)のヘッジとしての国債購入をしようかなと思いました。

SBI証券のイデコで、米国債がメインの商品を探したら「EXE-i 先進国債券ファンド」と「野村外国債券インデックスファンドDC」が見つかりました。米国債だけに投資する商品というのはイデコには無いようです。

大体、海外国債のインデックスファンドの場合、アメリカ国債40%~60%、残りがヨーロッパの国々の国債という感じです。結局、米国債の組み入れ割合が60%程度と大きい「EXE-i 先進国債券ファンド」にしました。

とりあえず、45000円分スルガの定期預金からEXE-i 先進国債券ファンドにスイッチングしました。10年債利回りが3%を超えたらまた45000円分スイッチングしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク