2018年3月1日のイデコ投資運用成績

トランプ大統領がアルミニウムと鉄鋼に追加関税をかけるというニュースで、中米の貿易戦争悪化懸念でNYダウが420ドル安でリスクオフという感じです。2月初旬の暴落時と違って円高、株安、ゴールド高、債券高、と通常のリスクオフ時の動きです。2018年3月2日の日経平均は前場で500円安と、かなりきつい下げです。

スルガの定期預金から45000円分スイッチングした「EXE-i 先進国債券ファンド」が反映されました。イデコの運用状況は1日前の物になるので、この画像は前日のNYダウの下げが反映されていません。1日後は、株が含み損、債券が含み益になっているはずです。

今のところ、イデコの現金保有比率が95%なので資金効率が悪すぎます。そのため株を積極的に買いに行き、債権も同額買って資金効率を高めようかなと...

NYダウが下がったらiFree NYダウインデックスを買い増し、米国10年債利回りが3%を上回ったらEXE-i 先進国債券ファンドを買い増しという方針です。

もし米国10年債利回りが3.5%を超えたら、日本株の個別銘柄分のヘッジ用としてもイデコでEXE-i 先進国債券ファンドを買い増ししていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク