2018年9月中旬のiDeCo投資運用成績 全部利益確定した

NYダウはまた26000ドル台に戻り高値圏です。最近、ドル円もほとんど動きが無いしあんまり相場を見てません。持っていたiFree NYダウインデックスとDCニッセイ外国株式インデックスの含み益がプラス9%前後になっていたので、一旦利益確定することにしました。こんな高値圏でプラス10%とか行けば全然上出来だと思います。

イデコにおいては「利益確定」=「スイッチング」です。利確して現金にしたいので元本確保の「あおぞらDC定期(1 年)」にしておきました。

上の画像ではまだDCニッセイ外国株式インデックスが残っていますが、既に約定しています。イデコの場合、スイッチング指図をしてから実際に約定するまでに数日のタイムラグがあるので、今回の様に下がっている所で約定してしまうこともあります。まあ、しょうがないです。

月々の積み立ての掛金配分はこれまで通り、
iFree NYダウインデックス60%
DCニッセイ外国株式インデックス40%
で続けます。

一旦すべて利益確定したため、またゼロからの積み立てということになります。

資産残高 2,005,183円
拠出金累計 1,495,000円
損益 +510,183円(※資産残高と損益はスイッチング途中のため「みなし金額」)

となっています。

利益確定すると更に上がってしまうというのは投資あるあるですが、「利食い千人力」です。投資家は最悪の自体に備えることを優先した方が良いと思っているから、別に上がってしまっても良いです。現金保有比率ほぼ100%なので、下げ相場が来ても精神的、金銭的にも余裕ができます。

今までの株やFXの経験から「含み益は幻、含み損は確定損」だと思っているので、含み益がいくらあっても安心はできません。その点、確定益は現実です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク