2020年4月下旬のiDeCo投資運用成績

iDeCoでは4分の1ほどの資金を日経平均とNYダウに移したところで、ちょっとプラスになってます。普通に考えると、株価は下落しそうなものですが、株価指数はけっこう回復しています。

緊急事態宣言、自粛要請の影響で飲食店の経営はかなりヤバい状態になっているし、自粛要請が延長される可能性はかなり高くなっています。

大多数の人は景気が更に悪化するから、株価も下落するだろう、株を買うならその時と思っていると思います。僕もその一人で資金を温存していますが、「大多数の人は底値で株を買いそびれて、上がったところで焦って買って大損」というのが世の常です。どう考えても株は下がるという状況でみんなが株価の下落を予期していると、株価はそれほど下落せずに上がって行ってしまう、というパターンもありえます。

結局よくわからないので、ちょっとずつ買っていくのです。不況時に株を買うのが鉄板ですが、不況時ってみんな余裕が無くて株を買えないというのも世の常です。

知人はコロナのちょっと前に飲食店を閉店しました。その時は落ち込んでましたが、今からするとあの時店をやめて良かったと言っています。ある出来事って後になってみないと良いのか悪いのか分からないですね。飲食店の撤退って、設備投資した物の撤去費用とか閉店するにもお金がかかるし、その間も家賃はかかるし大変です。その点、株やFXは損切りしやすく(システム的に)て良いです。とは言っても、株ですら損切りするのは難しい(精神的に)のですから、お店の損切りはめちゃくちゃ難しいです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク