会社を辞める前に安い賃貸物件に引っ越ししておこう

自営業/フリーランスだと賃貸物件を探すのが不利になります。なぜなら、会社員や公務員の様に定期的な収入が見込まれないので、どんなに貯金を持っていても収入が少ないと断られる可能性があります。アルバイトの方が信用度が高いくらいです。そのため、直近の確定申告の控えを不動産会社に提出したりしなければならず、ちょっと面倒です。

だから、将来的に個人事業主として独立したいという場合には、会社員であるうちに賃貸物件を契約しておいた方が良いです。よく、会社を辞める前にクレジットカードを作っておいた方が良いと言われますが、それは賃貸物件にも言えます。しかも、会社員としての給料と副業収入があるから、ちょっと高い物件にしよう!なんて思わないで、安い物件にしておいた方が良いです。なぜなら、自営業の収入は上がることもあれば、落ちる可能性も高いからです。確定申告で赤字になっている可能性もあります。収入が減った時に、安い賃貸物件に引っ越そうと思っても、その時の収入証明では入居審査に通らない可能性があります。ちなみに、UR賃貸だと家賃の100倍の預貯金があれば入居できるようです。

家賃はもう固定コストですから、最初から高く設定すると行き詰まる可能性があります。そういう点も含めて、会社を辞めて独立するつもりなら安い賃貸物件に引っ越しておいた方が良いと思います。リスク管理が重要ですから、どうしようもなくなった時の身の振り方を考えておいた方が良いです。実家に帰れるか?とか。

自営業ってアルバイトよりも社会的な地位が低いのですが、困ることってクレジットカードと賃貸物件の契約くらいです。あとは、特に問題は無いと思いますから、この2つは注意しておいた方が良いです。

シェアハウスだと収入証明が必要なかったりするので、シェアハウスもアリだとは思いますが、意外と家賃が高くて東京だと4万円以上とかが普通ですね。それだったら、ワンルームに住みたいです。ゲストハウスだと、冷蔵庫やキッチンも共有になるので、食材や調味料を盗まれたりして自炊しにくそうですし。そもそも集団生活が嫌いなので、最初からシェアハウスは選択肢に入れてませんでした。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク