お店用のLEDの文字看板(チャンネル文字)の製作注文をするならどこが良いか?

チャンネル文字

店舗の看板にお金をかけるのは無駄か?

食べログで口コミを見てから飲食店を決めるという行動は一般的になりましたが、たまたま仕事で訪れた街でふらっと入るとか、なんか美味しそうだから入るっていう人もまだまだ多いです。飲食店に限らず、店構えというのはとても重要ですよね。お店の入り口のすぐ上にある店名が入った看板が与える印象は非常に大きいです。

知人がお店をやっていますが、看板のデザインって大事だと分かっていても、お金かけるのもったいないし…となかなか店名の看板を変えようとしません。そこで、お店の看板を変えるとどれくらい違いがあるかというのを分かりやすくしてみました。

お店の看板って超重要

Photoshopをいじって試しにお店の入り口の上にある店名を変えてみました。お店の名前は適当に作った「架空珈琲店」という、有機栽培されたコーヒー豆をお店で焙煎し、白いシャツで黒いエプロンの店員さんがドリップコーヒーを出すお店です。高級感を出したい所ですね。

まずは、安売り店やスーパーなどのポップなどでよく見かける「富士ポップ体」を使い、単に店名を入れただけの場合。ポップでカジュアルな雰囲気はありますが高級感はありませんね。


次は「小塚明朝」にしてみました。ちょっとフォーマルな感じになりましたね。

LEDチャンネル文字
更にLEDチャンネル文字を導入してみました。

なかなか良いかんじじゃないでしょうか?だいぶ高級感が出てきました。


アルファベットにするとまた違う感じになりますね。ブランド物のショップの様な高級感になります。

これでいかに、お店の看板文字でイメージが作られるか?が分かると思います。つまり、入り口のすぐ上にある店名というのは非常に重要なんですね。

チャンネル文字とは?

「チャンネル文字」っていうのは立体的な厚みのある文字のことです。個人のお店で使っている人はあまりいませんが、大企業の名前なんかは街でよく見ると思います。更にLEDで照明の効果を付けたのがLEDチャンネル文字です。LEDがあるのと無いのではだいぶ印象が変わります。


LED点灯前


LED点灯後

やはり、LEDがあった方が高級感があり、目を引きます。このようなLEDチャンネル文字を導入するにはどうしたら良いでしょうか。

実績豊富なチャンネル文字製作専門会社にお願いした方が良い

このようなLEDチャネル文字の制作実績が多数あるのがLED看板専門店、Dflux

施工事例のページより。

国内外の有名企業のLEDチャンネル文字を多数手がけているため、安心できます。アディダスとかDiorとかの製作例があります。

また、どの様なものが出来上がるのかというのは動画を見るのが良いでしょう。


Dfluxで取り扱っているLED看板は全16種類あるので、お店のイメージに合った物を作りやすいです。

大企業が取り入れるような高品質なLEDチャンネル文字は敷居が高いんじゃないの?と思うかもしれませんが、個人や中小企業にも導入しやすくなっています。

たとえば、デザインできないし!という場合には無料で図案のデザインとシミュレーションをしてくれます。シミュレーションがあれば思ってたのと違う!ということになりにくいです。

詳しくは図案デザインのページ。

そんなこと言っても高いんじゃない?と思うでしょうけれど、参考価格について見てみると、バックライトLEDでステンレスのチャンネル文字なんかだと意外と安くできます。


そして、分からないことや疑問点があったら、チャットで相談できます。ホームページにアクセスすると右下にボタンが出てきます。僕の様な電話が嫌いな人間には有り難いですね。電話だと言った言わない問題が発生したりしますし、チャットやメールでログが残っている方が安心できます。これからお店を新しく作る、もしくは文字看板を変更したいと思っている人はDfluxに相談してみると良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク