iOSの英文読み上げ機能はkindleのtext-to-speechの代わりになる

text-to-speech

アメリカで売られているkindleにはtext-to-speechという機能が付いていて、英文を朗読してくれます。でも、僕が持っている日本のキンドルペーパーホワイトにはtext-to-speech機能が付いていません。電子書籍の文章を読むのに気が乗らない時なんかは、読み上げ機能で朗読してもらえると気軽に読み進められますし、音読とリスニングの練習にもなるのでtext-to-speechがあったらな~と思っていました。

iphoneとipadで使っているiOSのkindleアプリに付けてくれたらいいのにと思っていましたが、iOSの「スピーチ」機能を使うことで全く同じことができます。

iOSのスピーチ機能設定方法

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」→「画面の読み上げ」をオンにします。
スピーチ機能の設定
まずiphoneやipadのアプリの「設定」から「一般」、そして「アクセシビリティ」を選択。

スピーチ
「スピーチ」を選択。

画面の読み上げ
「画面の読み上げ」をオンにします。「選択項目の読み上げ」もオンにしておいた方が良いです。選択した部分だけ読み上げをすることが可能になります。

kindleアプリ
このように設定しておいて、kindleアプリを立ち上げて洋書を開き、画面の上の部分から指2本を下にすべらせると読み上げが始まります。kindleの場合、自動でページがめくられます。koboアプリでも読み上げてくれますが、自動でページがめくられなかったり、ページごとに毎回タイトルを読み上げたり、今見ているページではなくチャプターの最初から読み上げられたりとストレスが溜まります。また、safariなどのブラウザやPDFファイルも読み上げてくれます。

koboアプリ

iOSのスピーチ機能の使い方

アイコンで大体意味が分かると思いますが、ウサギのアイコンを押すと読み上げスピードが遅くなり、カメのアイコンをタッチすると読み上げスピードが遅くなります。

色々と読み上げ機能を使ってみましたが、このスピーチ機能が一番ストレス無く使えるのがkindleアプリです。kindleアプリとの相性が非常に良く、text-to-speechよりも声の選択肢が多い分むしろ良いかもしれません。

読み上げを開始する方法
最初のうちは画面上部から二本の指で下におろすというのがよく分からなかったのですが、何度かやってみると分かりますので実際にやってみてください。カメラの部分あたりに人差し指と中指を乗せて、そのまま2~3センチ程度下にすべらせる感じです。コツを掴むまで何回かやってみる必要があるかもしれません。

自分にあった英語音声を選ぼう

上の設定の「スピーチ」の所で「声」を選ぶ事ができます。下の方に「英語」があるのでその中から好きな物を選びます。僕は「Alex」という1Gくらいあるやたらデータ容量が大きい声にしています。他の声でも良いのですが、Alexが一番単語の読み方を間違えず自然な感じがします。Siriも使えるので、自分の好きな声を選んでください。

オプションですが「スピーチ」から「声」を選択します。
声の選択
英語は下の方にあります。

Alexを選択
僕はAlexをダウンロードして選択しました。

日本語よりも英語の方が自然な音声

日本語の本も読み上げてくれますが、英語に比べるとまだ不自然さがすごいので、自動の読み上げはやはり英語が向いていると思います。たまに、英単語の読み方が間違っていますが、読み上げと一緒に朗読することによって自然に音読ができ、英語のリスニングとリーディングとスピーキングの訓練をすることができてとても効率的だと思います。

ipadやiphoneを持っていれば、追加料金とかも無く無料で追加できる機能ですから、電子書籍で英語学習をしている人にはかなりおすすめの機能です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク