イギリスドラマ『ストライクバック』を見始めた

netflixで見たいドラマは大体見てしまったので、一旦メンバーシップをキャンセルして、huluを再開しました。久しぶりに再開したので、2週間無料期間が設定されていました。

久しぶりにhuluを見たら、なんか面白そうなドラマが増えてました。とりあえず見たいのは、ザ・ラストシップ、ウォーキング・デッドシーズン7、タイラントです。そんな中、HBOのストライクバック(Strike Back)っていうのを見つけたので1話目を見てみました。

イギリスのセクション20という公式には存在しないイギリス情報部の話です。よく映画やドラマに出てくるMI6とは別の組織という設定みたいです。

ストライクバックの意味は、「反撃」で元SASの小説家クリス・ライアンの同名小説が元になっています。

主人公はイギリス軍の軍曹ブリッジストーンと元デルタフォースのアメリカ人スコットの二人です。ブリッジストーン役のフィリップ・ウィンチェスターはアメリカ人、スコット役のサリバン・ステイプルトンはオーストラリア人です。全く違和感が無いので、アメリカ人がイギリス人役をやっていて、オーストラリア人がアメリカ人役をやっているなんて気づきませんでした。僕の英語力が無いだけかもしれませんが。なぜそんなややこしい配役にしているのか。

基本的にイギリス英語がメインなので、アクション系のドラマが好きでイギリス英語のリスクニングをしたいという人には向いています。僕はイギリス英語寄りの発音で喋りたいと思っているので、イギリス英語の練習もしたいのです。日本人にとっては、アメリカ英語よりもイギリス英語の方が向いていると思ってます。なぜなら、日本人が苦手なRの発音をほとんどする必要が無いからです。

このドラマの「ストライクバック」のオープニングテーマ曲、どこかで聴いたことあるなと思って思い出したのがゲームの「Bordlerlands 2」でした。ボーダーランズ2のオープニングは荒涼とした西部劇の世界みたいな感じでこの曲がすごく合ってます。でも、先にストライクバックで使われていたんですね。The heavyのShort Change Heroっていう曲です。

まだ4話くらいしか見てませんが、対テロ物の『24』とか『ホームランド』とかが好きな人は気にいるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク