名刺サイズのソニーの電子辞書が無くなってる

もう15年以上前なんですけど、英語学習をするのにソニーの名刺サイズの小さい電子辞書(DD-IC500S)を使っていました。ペンケースにも入るし、アルミでできていて軽いし(100gくらい)、電池も長持ちするしすごく便利でした。

5年以上は頻繁に使っていましたが、その間一回も壊れませんでした。そして、しばらく電子辞書を使わない生活を送っていたので、どこにしまったのか忘れてしまいました。

新しい電子辞書どうなってるのかなと思って、ビックカメラやヨドバシカメラに見に行ったら、電子辞書が巨大化していて、小さい物が売ってないんです。搭載されている辞書の数が大幅に増えていたり、動画を見ることができたりと、性能は良くなっています。でも、英和と和英と英英と国語辞典くらい入っていればいいから、持ち運びが便利なコンパクトな電子辞書が欲しいんです。

今売られているのは、「コンパクト」って書いてある電子辞書でも重さが最低300gはあります。未来になると、どんどん物がコンパクトになると信じていたのですが、電子辞書やスマートフォンは巨大化しています。英単語を調べるなんて、スマホ一台あれば済んでしまう話なんですが、ネット接続できない場所で集中して英文を読んだりする場合には、電子辞書が便利です。

調べたら2006年にソニーは電子辞書事業から撤退してるんですね。EBR-S8MSとEBR-500MSがソニーから出た最後の名刺サイズの電子辞書っぽいです。東洋経済の記事によると、電子辞書事業はカシオの独壇場で売上が300億円程度あり、利益率も20%くらいあるようです。

ソニーの名刺サイズの小さい電子辞書を入手するには、amazonなどで中古の物を買うしかないですね。
SONY 英語ビジネスモデルIC電子辞書DD-IC500S
SONY 英語ビジネスモデルIC電子辞書DD-IC500S

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク