netflixのアメリカ版デスノート配信が始まる

Netflixで2017年8月25日からデスノートのアメリカ版映画を見ることができるようになります。多分、オリジナル版からはだいぶ変更してくるだろうと思います。デスノートの漫画版は読んだし、英語の映画版にはちょっと興味があり見たいのでhuluを解約してnetflixにまた戻しました。※ドラマ版だと思っていたら映画版でした。

youtubeの海外版のトレーラーのコメント欄を見ると、「ライトがポテトチップスを食べるシーンでドラマチックな音楽が流れなかったら暴動を起こす」みたいなコメントに多数のレスが付いて盛り上がっています。

夜神月が「Light Turner」という名前になっています。ライト・ターナーを演じるのは白人のNat Wolffです。Lを演じているのは黒人のLakeith Stanfieldです。

アメリカ版だと「L」は「L」で、ライトは「Light」で両方共「L」となってややこしいことになっています。夜神月(やがみらいと)の月のイメージをそのまま残して英語化するとすれば、rightではなくlightになってしまうのはまあしょうがないですね。

そして、ワタリはPaul Nakauchiという日系人が演じています。漫画だとワタリは日本人男性っぽく見えますが、白人男性という設定です。ミサミサに該当するのは「Mia Sutton」っぽく、演じているのがMargaret Qualleyです。

アメリカ版デスノートには「ホワイトウォッシング(whitewashing)」批判が起こっているようです。ホワイトウォッシングというのは、原作がアジア人、ネイティブアメリカン、黒人だったりするのに、ハリウッドで映画化やドラマ化される時に白人に入れ替えられてしまうことを指します。

言語を英語にして舞台をアメリカで制作するのに、登場人物が日系人だらけというのもなんか変ですし、なかなか落とし所が難しく、どうやっても批判されてしまうでしょうね。

海外版あらすじが分かっている分、英語のリスニングに集中できるので、デスノートはちょっと楽しみにしています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク