留学しないで「英語の頭」をつくる方法の感想

『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』という本をオーディブルで聴きました。iPod touchで散歩中に聴くのにちょうど良いです。『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』は本で読んだのではなく、歩きながら聴いていたので、所々騒音で聞こえない部分もありましたが、大まかには理解できたと思います。

簡単にまとめると、英語学習をする際には英作文やスピーキングでまず日本語の文を作ってそれを英語に翻訳するということをやりがち。それだとおかしな英語になるので、英語で考えるようにする必要がある。英語で考えて英作文、英語のスピーキングをするにはどうしたら良いか?という本です。

赤ちゃんが言語を習得する過程を真似する

まずはリスニング(聴けないことにはどうしようもない)

「apple」=「リンゴ」ではなく、「apple」=「リンゴのイメージ」で覚える

分からない単語には英英辞典を使う

最終的には英語で●●をするというのが良い

この本で書かれていることは、確かにそのとおりだと思います。特に、英和辞典の弊害というのは大きいと思います。例として書かれている「見る」という動詞にしても「see」「look」「watch」では意味が全く異なります。微妙なニュアンスの違いを知るには、英英辞典で調べる方が良いです。

『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』で提唱されている方法は正しいと思うし、良い内容だと思うのですが、なかなか実行するのは難しいと思います。

僕は以前、映画が好きな時期、ミステリー小説ばかり読んでいる時期があり、英語で理解できたらもっと面白いだろうなと思って映画やドラマを見まくり、洋書のミステリー小説を読みまくるということをしました。あとは英語版のaudible.comでオーディオブックを買って通勤中に聴くとかしてました。ちなみに、audible.comは勝間和代さんが「ムギ」というハンドルネームだった時に、「ムギ畑」というサイトで紹介していて知りました。

今は英語でゲームばかりしてますが、たしかに英英辞典を使った方が良いですし、リスニングができないとスピーキングもできません。

その後は、経済と投資の勉強のために、英語で金融系のメディアを読みまくるということをしました。

最終的には英語でゲームをやるのが英語学習に一番良いと思いました。Horizon Zero Dawnなどの面白いゲームだと、入り込んで英語でゲームをやっているということすら忘れていることがあります。

英語のリーディングとリスニングに費やした時間は1万時間は軽く超えてると思います。結局、好きな事じゃないと続かないということですね。大人の英語の勉強法としては、まずは自分の趣味の分野に関しての記事を英語で読む、youtubeの動画を見るというのがおすすめです。

Amazon fire HDは安価で英語学習向きのタブレットだと思います。

iPadが壊れたのでFire HD 8を購入して1週間くらい経ちました。安いので持ち歩いても壊れた時の不安が無いのが良いです。高いものだと、...

留学しないで「英語の頭」をつくる方法 (中経出版)
留学しないで「英語の頭」をつくる方法 (中経出版)

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク