英検1級を目指して英語のボキャブラリーを増やすならWord Smart CDシリーズ

20年くらい前の高校卒業直後に英検準一級を受けてみたら、1次試験は受かりましたが、2次試験はダメでした。その後、資格取っても意味ないよなと思いながらも、英検1級レベルの単語を覚えよう!と思ったのですが、英検1級の英単語はやたら難しすぎです。

そこで、英語の語彙を増やすために、『The Princeton Review Word Smart CD: Building a More Educated Vocabulary (The Princeton Review on Audio)』というオーディオブックを買いました。『Word Smart, 5th Edition (Smart Guides)』という本もあるんですが、オーディオブック版と書籍版では内容が異なるようです。僕はオーディオブック版しか買ってないので、本の内容は分かりません。

『Word Smart』の英単語レベルはSAT(アメリカのセンター試験みたいなやつ)受験レベルなので、アメリカの大学生なら知っているようなレベルの単語です。だから、海外ドラマとか映画にはあまり出てこないけれど、英語の本や学術的な記事を読んでいるとよく出てくるような英単語が多いです。

『Word Smart』は日本だと英検準一級と英検一級の間くらいのレベル(英検準一級と英検一級には大きな隔たりがあり、だいぶ英検準一級寄り)だと思います。

オーディオブック版の『Word Smart』は、男女のかけあいでテーマごとに、接頭語の意味、語源、類義語、ちょっと変わった例文、などを教えてくれるので聴きやすいです。特に散歩しながら聴くのが良いです。何回も聴いているとなんとなく覚えてしまいます。

特に、英単語の意味を英語で理解するというのは、日本語として理解するよりも微妙な意味まで分かるので良いです。

これからアメリカの大学に留学するという場合には、『Word Smart』に出てくる英単語くらいは知っていた方が良いと思いますから、留学する、英検1級を受けるというような人におすすめのオーディオブックです。僕は英検1級を受けるつもりはないので、英語の本や記事を読みやすくするためにたまに聴いています。

Word SmartのオーディオブックシリーズはWord Smart Junior、Word Smart II、Word Smart Geniusなどがあり、全て購入済みです。どれもたまに聴いてます。やっぱり英語のボキャブラリーが多い方が、辞書を使用する回数を減らすことができるので、読書やオーディオブックを聴くにはいいんですよね。

The Princeton Review Word Smart CD: Building a More Educated Vocabulary (The Princeton Review on Audio)
The Princeton Review Word Smart CD: Building a More Educated Vocabulary (The Princeton Review on Audio)

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク