資金効率的にFXのレバレッジ規制は既にされているのと同じ状態

FXの現在25倍のレバレッジが10倍になるという可能性が高いようです。僕は大半の日本のFX投資家と同じく反対ですが、このままどうなるかはっきりしない状態では、最悪の事態を想定してレバレッジ規制後の証拠金を用意しておかないといけません

レバレッジ規制後の証拠金をプールしておかないといけないので、物凄く資金効率が悪くなっています。はっきりと「レバレッジ規制などしない」と金融庁が言うことは無いと思いますし、現状で既に実質的にレバレッジ規制されているのと同じ状態(資金効率的に)です

(例)
現在100万円で運用 → レバレッジ規制後に必要になる証拠金は250万円。つまり、現在余分に150万円の貯金が無いといけない。

東洋経済オンラインの記事によると、株ドットコム証券の社長が中間決算説明会でFXのレバレッジ規制は導入されるだろうと話していたようです。

最近、レバレッジ規制反対運動のサイトができてました。

またレバレッジ規制!?なぜ25倍から10倍に引き下げるのか?レバレッジ規制の投資家保護はただの名目上...その裏側に本当の理由があった。

FXをやっている人は見ておいた方が良いです。

このサイトのレバレッジ規制反対の理由には、ほぼ100%同意します。海外から比べても日本のFXのレバレッジは低いですし、レバレッジが低くなるとロスカットされる確率が上がって逆に損しやすくなってしまいます。

国会議員でFXに詳しい人って今井雅人議員くらいしかいませんし、国民の大半にとってはFX業社のレバレッジ規制などどうでも良い話でしょうからなかなか難しいと思います。

レバレッジ規制されると、資金効率が5分の2になるわけですから、海外FX業社に流れたり、仮想通貨に流れるのは当然でしょう。というか、既に上に書いたように資金効率は5分の2になっているので、海外FX業社を調べたりしています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク