2017年11月中旬のドル円投資状況 両建て中

現在はイデコの資産はほぼ全部現金になっていて、日本株とアメリカ株の現物を合計で200万円ほど保有している状況です。株の下落に対するリスクヘッジとしてFXでドル円を100万円分(1万通貨)ショートという感じです。世界的な株高で、日本株も23000円を超えたのに、ドル円はなかなか上がりませんでした。

2018年にFXのレバレッジ規制がされる可能性が高いので、その対策として「両建て」しています。ドル円が100円に近づくにつれてショートポジションが減り、ロングポジションが増えるようになっています。

今まではリスク分散のために2つ以上のFX口座で別々に取引していましたが、一つの口座(マネパ)で両建てして資金効率を高めることにしました。両建てのメリットは、ショートとロングのどちらかポジションが多い方の証拠金分しかかからないことです。ただ、注文やポジション管理がややこしくなって実務的なミスしやすくなるというデメリットがあります。

両建てして両方プラスになっているのは、年末ということもあり、節税のために含み損を損切りしてすぐに新しいポジションを取ったからです。具体的なやり方は下の記事に書いてあります。

年末が近づいてくると、FXやCFDで利益が出ている場合に気になるのが税金です。利益の約20%を税金として支払う必要があります。でも、場合によ...

今のところ元本50万円からマイナス4万4000円という所ですが、株式市場が好調なのでマイナスはしょうがないです。短期的にはまだ円安になる可能性もありますし。でも、長期的には円高になっているだろうと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク