2018年5月中旬のFX豪ドル円投資運用成績

FXの豪ドル円は、マネパnanoで1豪ドル88円くらいの時に8万円で始めましたが、最近415000円追加して、元本を495000円にしました。なんでキリの良い50万円にしなかったのかはよく覚えていません。マネパの豪ドル円のスワップポイントはそこそこ良いです。

現在の運用成績は元本495000円からマイナス1700円くらいです。

IMFのデータから豪ドル円購買力平価(PPP)を出したところ、現在の豪ドル円の価格はほぼ購買力平価ぴったりです。

全く自信の無く、自分でも信じていないチャート分析では下に行くと出ています。だから、ここから下がれば買いという単純なルールで良いと思っています。下がった豪ドル円が購買力平価へ回帰するのが何年後かは知りませんけど。

トルコリラ円が最安値を更新してますが、僕は全くトルコリラ円をロングする気は無いです。スワップポイントが高い通貨ってインカムゲインが得られるので、他の投資対象に比べて「リスクが低い」と思っている人が多いです。僕の周りでも、投資をやったことが無い人が一番食いつくのが「スワップポイント」の話です。初心者が高金利通貨に手を出し退場、また数年後に新規参加者が同じことを繰り返すというのが外貨投資の歴史です。

詳しくは過去記事をご覧ください。

一般的に信じられていることに「金利が上がるとその通貨は買われる」ということがあります。ドル円でもそうですが、FRBが利上げをしそうになると短...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク