Macユーザー用の高機能チャートソフトがあるFX会社

Macユーザー向けFX会社

株やFXをやっていて思うのは、トレード用のソフト(アプリ)はほとんどがWindows PCユーザー用に作られているということです。iPhone用のiOSアプリを出しているFX会社はありますが、Mac用のアプリを出している会社ってほとんど存在しないので貴重です。

iOSのアプリでやるのは、為替レートチェック、ポジション確認、指値注文を入れるくらいです。細かいチャート分析などはスマホでやるのは難しく、画面の大きなMacでやった方が良いです。

MacOSのシェアは10%程度ですから、FX会社がWindowsユーザーを重視してチャートソフトを作るのは当然です。特に20代や30代はMacユーザーが多い印象がありますし、デザイナーのMac率は相当高いでしょう。

MacでもWindowsのアプリ(ソフト)を使う方法もあるが…

1. リモートデスクトップサービスを使う(月額1000円程度)
2. 仮想環境でwindowsを使う(windowsのOSを購入する必要がある2~3万円)
3. bootcampでwindowsを使う(windowsのOSを購入する必要がある2~3万円)

どれも追加でお金がかかってしまいます。しかも、仮想環境でWindowsを動かすと重くなるというデメリットがあります。昔、bootcampを使ってMac Book ProでWindowsを使っていたことがありますが、MacとWindowsではキーボードの操作が違うので使いづらい(ショートカットも違うし)ですし、いちいちOSを変更するのが面倒になってbootcamp使うのをやめてしまいました。

更に、リモートデスクトップサービスを借りてiPadからアクセスして、チャートソフトを操作しようとしましたが、タッチパネルでFXの注文をするのはご操作が頻繁に起きるし、使いづらいのでこれもやめてしまいました。結局、Mac Book ProかMac Book Airくらいの画面の大きさとキーボードとマウス(タッチパッドでも)が無いと難しいです。

それに、どれもお金が追加でかかるというデメリットが大きいです。

おすすめは岡三アクティブFXが提供しているMac専用アプリ

岡三アクティブFXは老舗の証券会社、岡三証券のFXです。Mac用のソフトがあるのでダウンロードして使ってみたところ、なかなか良いです。以下はMac Book Proでのキャプチャー画像です。

基本のチャート背景色は黒ですが、これは設定で自由に変更できます。白にしてみたり。あと、普通のロウソク足以外にも平均足も利用できます。
平均足
チャートで平均足も選択できる


チャート設定画面

移動平均線や一目均衡表やRSIなどの基本的なインディケーターがあるのはもちろんですが、GMMAみたいなちょっと特殊なチャートを見ることもできます。
GMMA
岡三オンラインFXのGMMAチャート

GMMAはトレンドの向きを見るのに向いています。たとえば、上の画像はドル円の週足チャートですが、赤い線の束の上に青い線の束が出ていて、更に青い束の隙間が広がっている時は強い上昇トレンドということが分かります。この状態では買いの方が有利です。また、画像の右端の現在では赤い線の束の中にいるのでトレンドが分かりづらく、こういう時は売買は控えるとかの判断に使えます。

ラインツールももちろんあるので、トレンドラインを書き込むことも可能です。

フィボナッチ系もある


岡三アクティブFXのフィボナッチリトレースメント

僕がよく使うのはラインツール、フィボナッチリトレースメントとフィボナッチエクスパンション、一目均衡表です。岡三アクティブFXには、フィボナッチリトーレスメント、フィボナッチエクスパンション、フィボナッチファンがあります。ただ、フィボナッチリトレースメントの線の数が少ないので、もうちょっと増やして欲しいです。

1000通貨単位で取引でき、決済注文に時限決済がある

時限決済が可能
何月何日の何時に成行きで決済するというような注文方法もできます。これは珍しいです。損切りがなかなかできないという人は時限決済を使うというのも手です。買ったけど含み損になってしまったという場合、何月何日何時になったら諦めるという感じですね。自分の意思で時間通りに決済するというのはとても難しいので、システムに任せるということができます。

あと、自分が持っているポジションを高い順、安い順に並べ替えたりできるのも便利です。

MacユーザーもFXができる

Macユーザーに配慮してくれている会社というのはあまりありません。口座維持手数料も必要ありませんし、チャート機能は全て無料で使えるので、Macユーザーは岡三アクティブFXで口座を持っておくと良いでしょう。

口座開設はこちら

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク