FX短期トレーダー向け、相場急変時にもスプレッドが狭く約定するFX会社はどこ?

サクソバンク証券の約定力

相場急変時にはどこもスプレッドが拡大するが…

相場急変時はボラティリティーが大きくなり、FXの短期トレーダーにとっては収益のチャンスです。でも、急落時に買おうと思っても、FX会社によっては「約定拒否」、または「スプレッドが拡大しすぎて損する」ということが起こります。そのため、短期トレーダーにとってはFX業者選びというのは最重要となります。

FXで急落した時に買い注文を出したのに約定せずに、大きな下ヒゲを作りその後上がって行ってしまい、悔しい思いをしたという経験がある人も多いでしょう。

個人の感想ではなく、客観的なデータから約定力の高いFX会社

最近は以前ほど大きく動かなくなりましたが、アメリカの雇用統計は月に一度のFXにおける大きなイベントです。特に指標発表前後は、ボラティリティーが大きくなり短期トレーダーにとっては収益の機会となります。でも、しっかり約定しないと意味が無いんです。

矢野経済研究所が雇用統計における約定率を複数のFX業者で調べていますが、サクソバンク証券は約定率が100%、スプレッドも4社中一番狭くなっていました。つまり、ロット数の多い短期トレーダーにとっては一番魅力的なFX会社と言えるでしょう。

スキャルピングにも向いている

サクソバンク証券のFXは、金融庁に認められている日本のFX業者では珍しいNDD方式なので、スキャルピングにも向いています。NDD方式は、インターバンクのレートにちょっと手数料分を上乗せした感じなので、ほぼ銀行間取引のスプレッドから大きく外れたレートにはなりません。また、相場急変時に約定力が高いということは、平常時でも信頼できるということです。

サクソバンク証券なら信託保全100%ですし、よく分からない海外のFX業者を使うよりも安心して利用できます。総合課税になる海外FX業者よりも、税金的にも分離課税になる日本国内のFX業者を利用した方が良いですし。

以上のことから、スキャルピングやデイトレードなどの短期トレーダーに向いているのが、サクソバンク証券と言えます。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク