トルコリラが10円台に。他人の投資の失敗から学ぶべき。ガチホの罠とは?

トルコリラは買ってはいけないと以前書いているのでその理由は書きませんが、心配なのはそれほど全体の相場環境がリスクオフになっていない状況で暴落(20円台から16円台へ下落)していることです。もし、本格的なリスクオフになったら、トルコリラはどうなってしまうのかという。

オレ的ゲーム速報jinさんの投資動画はたまに見てるんですが(僕も昔投資で同じような失敗をしてきたので)、通常はマスクをしています。でも、トルコリラ暴落での動画アップはマスク無し。もし、今までのマスクがこの時のための「振り(フリ)」だったのであれば凄いです。

投資でこうやったら儲かった!というのを見るよりも、投資でこうやったら失敗した!というのを突き詰めていく方が有益です。なぜなら、投資は「たまたま儲かっちゃう」ことが多々あるからです。失敗パターンを集めていけば、自分が大失敗することを避ける確率は上がります。でも、やっぱり自分で失敗して初めて「腑に落ちる」んですけどね。

ここから想定されるトルコリラ投資の失敗パターンとしては、

A. 入金しつづけてロスカットを回避→さらに暴落して強制ロスカット(結果、入金しなければ損失が少なかった)
B. 思い切って損切り→急反転。あの時耐えれば良かったと後悔して再エントリー→その後また暴落して強制ロスカット(最初の損切りで止めておけば正解だった)
C. 損切りせず低レバレッジでガチホ→数年後に更に下落し損失。数年間の時間と投資資金という莫大な機会費用の損失も発生。

とか他にも色々あるんですが、ガチホ=長期投資での「機会費用の損失」について考えている人ってあまりいないと思います。損切りしてトルコリラ自体を見切って、他の投資対象で売買経験を積むということができたかもしれないわけですから。長期投資って売買経験が積めないという罠があります。一時的な儲けよりも、売買経験の方が生涯における価値は高いと思っています。たとえ、それが損失だとしても。

基本投資では、損失を回避しよう、損失を取り戻そう、としてさらに損失を拡大させてしまいます。これ、投資あるあるです。もちろん、僕も色々と失敗を経験済みです。

株のしくじり先生
株のしくじり先生

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク