ドラマ・インベスターZのFX編を見たけど…

ドラマのインベスターzのFX編にはちょっと興味があったので、テレ東の見逃し配信で見てみました。なんか主人公の財前のキャラ設定が原作漫画と全然違ったり、経済の情報よりも小ネタの提供に注力していたり、あまり見る気にならなかったのでところどころ飛ばしながら見ました。

ちなみに、ドラマ内で使われていたトレードツールは楽天証券のiSPEED FXでした。

インベスターZの原作もそうなんですが、ドラマでは「お祈り投資法」が描かれているだけでした。「お祈り投資法」というのは、「上がりそう」で買い「下がりそう」で売り、その後は「上がってくれ…!」「下がれー!!」とお祈りするギャンブル的なやり方です。ニコニコ動画やyoutubeで再生回数が多いFX動画も配信者がお祈り投資法をして大損するものなので、一般的なFX取引のイメージはそんな感じでしょう。

まだ原作の漫画版インベスターZの方には、円安や円高の是非、決めつけることのデメリットなどが描かれていたので良かったのですが、ドラマの方はそういった要素が一切取り除かれて、お祈り投資法の部分のみが描かれていました。一般的なFXのイメージを覆すこともなく、典型的なギャンブルトレードを通して「分かりやすさ」を追及した感じです。一般大衆向けのドラマにするとそうなってしまうのもしょうがないですが。

それも一つのFXのやり方ではあるんですが、あれだと「やっぱりFXはギャンブルっぽくて危険」と思う人が多いでしょう。というか、そう思って死んでいく人が全人口の99%以上だと思います。

違う取引の仕方、違うFXの活用法もあるんですが、一般的には広まることは無いでしょう。

インベスターZはFXに興味を持つきっかけになるとは思いますが、FXの一面しか知ることができません。本気で外貨取引について勉強しようと思ったら、『FX取引の王道 外貨資産運用のセオリー』がおすすめです。以前、詳しく感想を書きました。

『FX取引の王道 外貨資産運用のセオリー』という本の著者・大西知生さんの名前は、FXのマネーパートナーズグループがFXcoinという会社に出...

FX取引の王道 外貨資産運用のセオリー

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク