2016年1月25日の豪ドル円損益

日経平均は17000円台に戻ってきました。

16000円から約1000円の上げですから、ボラティリティーがすごいです。豪ドル円のチャートは上の画像のような感じで、反転しつつある感じです。日足でMACDがゴールデンクロスしてますし、下値切り下げているのにMACDが切り上げているのでMACDダイバージェンスが発生しています。こういう時は上がりやすいとされています。

でも、豪ドル円はほぼドル円に連動しているので、まあドル円次第ですしよく分かりませんね。1月29日(金)は日銀金融政策決定会合の日です。追加緩和期待で上がっているところもあるので、無かったらまた一時急落のパターンでしょうか。

20160125

前回からお金が増えてますが、急落に備えて15万円追加しただけです。スタートが30万3000円に15万円追加ですから、トレードによる純資産の増加はスタートから+14000円です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク