レバレッジに関する勘違い

世間一般的にはFXや先物取引など「レバレッジ」がかかる金融商品は危ない物とされています。僕も『ナニワ金融道』の商品先物取引で沼に嵌っていく教頭先生の話を昔読んで、先物取引怖いな~という印象しかありませんでした。でも、実際にFXをやってみて実感したのは、レバレッジは自分でコントロールができるということです。

現状の個人向けFXのレバレッジは最大25倍です。「レバレッジ25倍」と言うと、100万円あったら2500万円分のお金が動いてしまうような気がします。周りの人と話していても、「レバレッジ25倍」を勘違いしている人が多いことに気づきました。

レバレッジ25倍というのは「最大」レバレッジのことであって、自分でレバレッジはコントロール可能なのです。

たとえば、100万円持っているとしましょう。話を簡単にするために、FXではなく100万円の株を1株買うとします。レバレッジは25倍。手数料などは無視します。

この場合、100万円で100万円の株を買っているのでレバレッジはかかってません。レバレッジ1倍です。

100万円の証拠金で200万円分の株を買う。これがレバレッジ2倍です。 1000万円入金して200万円分の株を買っても良いわけです。 入金する金額(=証拠金)と購入金額は自分で決められますよね?つまり、レバレッジは最大レバレッジの範囲内で自分でコントロールできるわけです。

ドル円とか日経平均の値動きというのは、一般の個人投資家がコントロールできません。では、何をコントロールできるか?資金です。いくら入金していくら分買うというのは投資家の自由です。

値動き=コントロールできない
資金=コントロールできる

投資家にできることって、ポジションの増減と資金管理だけなので、ポジション管理も含む資金管理こそが最重要なのです。

FXだったら、100万円入金して、ドル円を100万円分(約1万通貨)購入すれば、外貨預金よりローリスクハイリターンです。FXの方が外貨預金よりも売買手数料が断然安いのと、利息に相当するスワップポイントが多いので。

ちなみに、銀行の外貨預金は手数料が高すぎ、ペイオフ対象外(※銀行が破綻しても外貨預金は戻ってこない!)なので使うメリットがほぼ無いです。外貨MMFは昔は売却益が非課税だったのでやる意味があったのですが、今は大したメリットがありません。

それだったら、全額信託保全されるFX会社にお金を入れて、レバレッジ1倍(例:500万円入金して500万円相当の米ドルを買う)で外貨を持っていた方が手数料もスワップも良いし全然良いです。

日本のFX会社は信託保全が義務付けられているので、万が一FX会社が破綻してもお金は投資家に戻ってきます。海外のFX会社は信託保全が無い、もしくは信託保全があると言っていたとしても結局逃げられてしまう可能性が高いので、僕は怖くて使いません。

以上のことから、FXはレバレッジがかかっているから危ないとか言って他の金融商品(高金利通貨建ての投信)とかマルチ商法を薦める人は「エアプ」だと思っています。レバレッジ20倍くらいでハイリスクなトレードしてる人は、自分で選択して好きでやってるのだからいいじゃないですか。僕はやりませんけど。

そして、以前も書きましたがFXや外貨預金の高金利通貨はレバレッジ1倍でも買わない方が良いです。このような話は一番重要だと思うのですが、つまらない話だし、みんな興味無いのは知ってます。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク