3時間で目が覚める。3時間で起きてしまうがもっと寝たい場合にはどうするか?

3時間で起きる

地味に辛いのが寝たいの眠れないということです。僕は考えすぎてしまう性格の割に、持ってる株が大暴落したり、ストップ安張付きが数日間続いても、眠れないということはありませんでした。でも、引っ越し前の賃貸物件で騒音問題が起こってから眠れても1時間~1時間半後に起きてしまう。最大でも3時間くらいしか眠れないということが続きました。

昼間に眠ろうと思っても眠れませんでした。寝る時間が無いから眠れないのではなく、時間はあっても眠れないのです。眠いし眠りたいのに、全然眠れないというのは非常に辛いです。どんどんネガティブになっていきますし。思考力も低下します。これがずっと続くと肉体的にもダメージが蓄積すると思って、すぐに引っ越しを決めました。

それで、引っ越し後は1時間以上は眠れるようになったんですが、どうしても3時間経つと目が覚めるということが続きました。分割で1日に合計7時間くらいは寝てますが、3分割くらいされているのでどうも熟睡した感じがしません。毎回ほぼきっちり3時間後に起きてしまうのです。レム睡眠とノンレム睡眠の2サイクル分くらいで起きてしまうのでしょう。ちなみに、カフェインは眠る6時間前くらいから摂取しないようにしています。

そこで、連続で7時間は眠りたいと思ってiherbでメラトニンが入ったサプリを購入しました。パレオな男のブログでもおすすめされていた、ナイトレストというサプリを購入してみました。このナイトレストというサプリは、1粒でメラトニン2.5mg以外にも

GABA 250mg
マグネシウム 150mg
タウリン 150mg
グリシン 125mg

などが含まれています。そのため、1粒が巨大で、日本で売られているアーモンドチョコ2個分くらいの大きさです。だから最初は1粒寝る前に飲んでいました。たしかに、入眠はすぐにできるんですが、やっぱり3時間経つと起きてしまったんです。あー自分の場合には熟睡効果無いのかなと思って諦めていました。

ナイトレストは1粒が巨大なので1日1粒だと思い込んでいましたが、よく見たら1日に1粒~2粒飲むという指示がボトルに書いてありました。それで、2粒飲んで寝てみたら6時間眠ることができるようになりました。本当は7時間くらい寝たいんですが、6時間連続で眠ることができると、3時間×2よりもだいぶ頭がスッキリします。

メラトニンはホルモン系のサプリの割に目立った副作用が無いため、比較的安心して飲むことができます。1時間半で起きてしまう、3時間で起きてしまうということで困っている場合にはナイトレストを試してみてもよいかもしれません。注意点としては、メラトニンが入ったサプリメントは1回につき1ボトルしか個人輸入できないことです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク