家賃を半分以下にすることで固定費を大幅削減 専業投資家へ近づく

最近ブログの更新が滞っているのは、株価が下がっているからではなく、引越しの最中で片付けや色々な手続きをしているからです。PS4のファークライ3がファークライ5のシーズンパス持っている人向けに先行配信されたのに、まだ1時間くらいしかやっていません。

引越しってめちゃくちゃ面倒ですよね。なかなかやる気にならなかったのですが、あるトラブルをきっかけに一気に進めました。今回色々とネタができたので引越した後に色々と引越し関連の記事を書いていきます。ブログをやってる最大のメリットはトラブルがネタになるということです。

それで、広さと家賃が半分以下の所に引っ越すことにしました。今は複数の大学や大きめの駅が近くにあるような場所に住んでいるので、家賃がやや高めで若い人が多い場所です(それでも東京よりは全然安いです)。でも、ちょっと離れた、お年寄りが多くて、急行も止まらず、家賃が低い場所に引っ越すことにしました。

これで固定費が大幅削減されるので、専業投資家まであとちょっとという所です。余裕を持って投資しているので、そんなことにはならないと思いますが、仮に大暴落でリスク資産がゼロになったとしても貯金だけで5年以上は生きていけるでしょう。

今までの歴史を振り返ると、好況と不況は必ず交互に来ます。そろそろアメリカも日本も景気後退してもおかしくないので、自営業やフリーランスは余裕があるうちに固定費を下げておいた方が良いと思います。収入が下がってから引っ越そうと思っても、賃貸審査も通りにくくなってしまいますから。もし景気が悪化した場合、アメリカの場合にはまだ「量的緩和再開」という手段が残っていますが、日本に関してはこれ以上の金融政策は望めません。

色々と捨ててみて気づいたのですが、ほとんどの所有物は利用していませんでした。ミニマリストになるまでは悟れませんでしたが、僕に必要なのは、iphoneとipod touchとkindleとレッツノートとFire HDとmacbook proとEcho Dotと圧力鍋とマットレスとドライヤーと洗濯機とネット環境とPS4とテレビとティファールの湯沸かし器とノイズキャンセリングヘッドフォンくらいです。電子機器持ちすぎだろという気もしないでも無いです。

今までは大きめの冷蔵庫でほぼ全部自炊で電子レンジや炊飯器などを使ってました。でも、次に住む所は小さな冷蔵庫と小さな電気コンロしかないので、これからはスーパーで買った食材をその日に食べるか外食という感じになります。電子レンジや炊飯器やフライパンや鍋やまな板も捨ててみます。ティファールの圧力鍋はゆで卵を作るのにとても便利なのでキープします。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク