引越しの最中もネットが使えるWiMAXのホームwifi(Speed Wi-Fi HOME L01s)に切り替えた

FXや株の売買をしていると、安定したネット回線は必須です。また、最近はNetflixやアマゾンプライムビデオなどでストリーミングで動画を見たり、PS4でのソフトダウンロードなど、何かとネットを使います。

そのため、auひかりを使用していましたが、引越しをするのでauひかりを解約することにしました。ネット回線が使えるように、まずwimax(So-net)のホームwifi(Speed Wi-Fi HOME L01s)に申し込んで、端末が家に届いて使えるかを確認してから、auひかりを解約しました。

WiMAXのホームwifiで、端末は「Speed Wi-Fi HOME L01s」です。プランはギガ放題3年プランにしました。

WiMAXのホームwifiのメリットは、引越しの時に工事をする必要が無く、今の住居でも新居でもコンセントに挿すだけで使用可能なことです。ひかり回線の工事って、予約してから工事の人を家に入れないといけないのでけっこう面倒なんです。

そんな人は見たことありませんが、やろうと思えばコンセントのあるカフェでも使えます。

気になるのは通信速度ですが、なかなか速くていいです。デイトレードとかスキャルピングをやっていないので分かりませんが、普通に中長期投資でちょくちょく売買注文を入れる程度であれば全く問題はありません。youtubeの読み込みも速いです。さすがにauひかりに比べるとちょっと遅いですが、全然使えます。

あと気になるのは、PS4のソフトのダウンロードです。3日で10G(ギガバイト)という制限があり、3日間の通信容量の合計が10G を超すと「コアタイム」の18時から午前2時までの間に通信制限がかかってしまいます。でも、逆に言えば、18時から2時までの間を避ければ50Gのソフトもダウンロードできるということですね。だから、PS4のソフトのダウンロードは朝や昼間にやった方が良いです。ただ、10G以上のソフトをダウンロードするとコアタイムの通信制限には確実にひっかかるので注意が必要です。

PS4のオンラインのマルチプレイヤーではまだ試していません。一応、LANケーブルでSpeed Wi-Fi HOME L01sとPS4をつなぐことができます。でも、オンラインプレイを快適にやりたい場合には、ひかり回線の方が良いと思います。

通信制限がかかりそうだったら、コアタイムを避けた時間にNetflixやAmazonプライム・ビデオで事前に見たい動画をダウンロードしておけば良いでしょう。

ちなみに、ストリーミングで動画を1時間くらい見て、radikoで2~3時間ラジオを聴いて、ブログ記事を書いてネットで色々調べたりしても、1日平均1.5G くらいです。

●なぜwimaxのモバイルルーターにしなかったのか?モバイルルーターのデメリット
モバイルルーターの場合、外に持ち出した場合の電源のオンオフとかが面倒だと思った経験があるからです。あと、バッテリーがあるのに常時通電させて過充電になっても大丈夫なのか?という心配とか。ホームwifiだったらコンセントに挿しっぱなしでも良いですし。外でタブレットとかPCを使いたい場合にはau wifiなどのキャリアのオプションプランに加入すれば良いかなと思います。



niftyでも同じようなプランがあります。


スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク