1万円程度の一人暮らし用IH炊飯器を購入

圧力IHとIH炊飯器はそんなに違うのか?

主食がさつまいもで白米は外食時にしか食べないという生活(パレオダイエット)をしていました。調理器具は圧力鍋とIHコンロとステンレス製の電気ケトルだけで、サツマイモを蒸したり、ゆで卵を作ったりしていました。後は、野菜や肉を茹でたり、鍋料理を作るのに圧力鍋を使ってました。白米は週2回くらい食べていただけでした。

自然解凍可のブロッコリーなんかだと、電気ケトルで沸かしたお湯をかけるだけで解凍できるので、すぐ食べられて便利です。

でも、僕の場合夕飯に白米を(というか炭水化物を)食べた方が夜眠れることに気づいたため、また炊飯器を導入して白米(というか、もち麦ご飯)を食べることにしました。もち麦だと水溶性食物繊維も摂取しやすいですし。

以前は5万円くらいの圧力IH炊飯器を購入して使っていました。5万円くらいの炊飯器だと高機能なんですが、結局「早炊き」機能しか使っておらず、保温も一回もせずすぐに冷凍してました。炊飯器でずっと保温し続けるというのがなんか嫌なので、保温機能って一回も使ったこと無いです。

バカリズムさんがどこかで言ってましたが、「早炊き」と普通の「炊飯」ボタンがあったら「早炊き」で済むわけだから「早炊き」使うに決まってるじゃんという。僕もずっとそう思っていたので、早炊きしかしてませんでした。※ちゃんと米に吸水させないと早炊きは美味しくないです。

結局、タイマー機能も保温機能も使ったことが無いので、今回は1万円くらいの炊飯器でいいやと思いました。一人暮らし用の「マイコン」だと5000円程度でも購入できますが、IHの方が高火力でちょっと美味しくなりそうなので、そこはIHにしておきました。3合程度だとマイコンとIHでは大差ないかもしれませんけれど。

海外の簡易的なライスクッカーで作ったご飯を食べたことがありますが、美味いとも思いませんでしたが、そんなに不味いとも思わなかったので、日本の低価格の炊飯器でも全然良いと思います。

1万円程度の東芝IH炊飯器RC-10HK-Wレビュー

RC-10HK-W
IH炊飯器の最安値っぽいRC-10HK-W

IHかマイコンか?でちょっと悩みましたが、一応IHにしておきました。IHの中では最安値っぽい東芝のRC-10HK-Wを購入しました。楽天、アマゾン、dショッピングなど、ほとんどの通販サイトでは1万円以下で購入できます。

僕はもち麦を入れて炊飯するのですが、特に麦ごはんモードみたいなのはありませんでした。そのため、今までの経験から目分量でやってます。米を軽く研いで、もち麦を入れて1時間程度吸水させてからの水面が米から上5ミリくらいになるように調節しています。これは個人的な経験上の好みの米の固さなので、自分で色々と試してみた方が良いでしょう。

初回(2月)は30分ほど吸水させて早炊きで炊いてみたら、ちょっと硬かったです。次は2時間吸水させて、早炊きしたら美味しく炊けました。ちゃんと吸水させれば圧力IH炊飯器とそんなに変わらないのではないでしょうか?

結論としては、吸水させれば圧力IH炊飯器もIH炊飯器もそんなに違いは無いと思います。

いつも目分量で水の量を決めてるので、慣れてくれば平均的に美味しく炊けるようになります。1万円の炊飯器と5万円の炊飯器ではそんなに味が変わらないと思います。変わっても10%~20%程度じゃないでしょうか。炊飯器の価格を5倍にしたからといって、5倍美味しくなるわけではないので、その辺をどう考えるかですね。

ちょっとでも美味しいご飯が食べたい!という場合には高い炊飯器を買った方が良いかもしれません。

RC-10HK-Wの大きなメリットは、Amazonレビューにもありますが手入れがしやすいことですね。上蓋も外しやすいし、シンプルな作りなので洗いやすいです。

東芝 IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ホワイトTOSHIBA かまど銅コート釜 RC-10HK-W


東芝 IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ホワイトTOSHIBA かまど銅コート釜 RC-10HK-W

電子レンジ無しで冷凍したご飯の解凍どうするか問題

冷凍したご飯の解凍って、電子レンジで温めるのが普通でしょう。でも、電子レンジも前回の引っ越し前に粗大ゴミに出してしまったので、電子レンジを半年くらい使ってませんでした。基本的に電子レンジは無くても全然良いんですが、ご飯の解凍には欲しいですね。アイリスオーヤマの単機能の電子レンジだったら5000円くらいで買えるんですが、一番小さい電子レンジでも重量が10kgくらいあるんですよね。家電量販店に見に行っても、どの電子レンジもそこそこ大きいものばかりです。また捨てるの面倒だし、ご飯の解凍をするだけのために電子レンジを購入するのってどうかと思いましたし。

現在、調理器具は一口IHコンロと、備え付けのガスコンロ3口があります。料理は基本的に「茹でる」か「蒸す」しかしなくなったので、圧力鍋だけでも十分です。圧力鍋だと温度が上がっても120度程度なので、AGEの生産が少なくなります。また、揚げ物、焼き物を家でしなくなると、台所に油はねができないので、とても綺麗です。

焼いた料理は外食でたまに食べるくらいで良いと思っています。そんなわけで、電子レンジの使い道が、ご飯の解答しか無いわけで、そのために電子レンジ買うのもな~と思ってました。

でも、まだ解決策はあります。

1.圧力鍋を使う
2.朝炊飯して夜おにぎりを食べる
3.冷凍しておいて、おじや、リゾットを作る

圧力鍋で冷凍ご飯を解凍
IHコンロ+圧力鍋

圧力鍋でも冷凍ご飯は解凍できて、美味しく食べられるのですが、注意点があります。冷凍する時に平べったくして凍らせないと、中まで熱くなりにくいです。おにぎりみたいにして凍らせると、圧力鍋で加圧してもなかなか中まで熱くなりません。

あと、加圧時間は10分以上取らないと中まで温かくなりませんでした。

電子レンジに比べると不便ですが、圧力鍋でも冷凍ご飯は解凍できることが分かったので良かったです。というか、そもそも圧力鍋でご飯を炊くことも可能ですが…

圧力鍋でご飯を炊くこともできるけど…

圧力鍋で美味しくご飯を炊くこともできるのですが、そうしてしまうと他の調理ができなくなるので、やっぱり炊飯器は別で持っていた方が良いかなと。圧力鍋ってちょっと大きいので、炊飯後に洗うの面倒ですし。

そんなわけで、圧力鍋と別に炊飯器を購入したのでした。

圧力鍋で冷凍ご飯を解凍するのが面倒くさくなったら、電子レンジを購入してしまうかもしれませんが、当分は電子レンジ無しでやっていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク